自分を好きになることとは、自分の宿命を愛すること

自分のことを好きになるほど、まわりの人も自分のことが好きになります。
…などと書くと、スピリチュアルっぽいですが、割と真実だと思います。

この「自分が好き」というのは、「エゴ」というのとはちょっと違って、
感覚ですが、以下の3つのことをもって「自分を好き」だと捉えています。

①自分のことを受け入れられる
②自分の長所の使い方が分かってきて、それがなんとも楽しくなる
③自分の短所の活かし方が分かってきて、そこに妙味を感じるようになる

これを算命学的に言えば、
①自分の宿命を受け入れられる
②自分が気に入っている星、ポジティブな点の使い方が深みを増して、それが陽転していく
③自分が気に入らない星、ネガティブな点の使い方を覚えてうまく活用できるようになり、それが陽転していく

と、言い換えられます。

最近はあまり書いていませんが(既に何度も書いたので、敢えて書いていませんが)、
宿命どおりに生きていれば、世の中のことはすべてうまくいきます。

…言い切るんですか?ときかれそうですが、言い切ります。

但し、それが「うまくいっている」と本人が必ず自覚できるかは分かりませんが、
宿命通りに生きる=森羅万象の法則に則って生きる
ということなので、
実際にそのとおりに生きてみるということをしてみれば、様々なチャンスや出会い、あるいはお金や時間が与えられて、または世の中の後押しを得て、
びっくりするほどうまくいくことが分かるのではないかと思います。

視点が上がれば上がるほど、全体で起こっていることを認識できるようになりますが、
視点が低いとなかなか気づけない、ということはあります。

けれど、宿命通りに生きていれば、それは発展する以外にはありません。

只今現在、サークルのほうでは八門法による多連変化を順番にやっています。
十大主星×十大主星なので、全部で100あり、多少退屈に思われそうなので、他の要素も折々に入れつつ、
あるいは、多連変化のポイントや少し変わった視点などもおりまぜつつ、コツコツと書いているのですが、

十大主星の星の位置に加えて、
八門法のエネルギーの流れが分かると、
「宿命通りに生きる」ということの意味がより深く分かるようになります。

八門法の流れというのは、
ある意味では、「あるがままの流れ」であり、

自分自身の欲するまま=八門法の流れ

なのですが、「自分自身が欲するもの」というのは、現代の枠組みの中で、無視されたり見過ごされたりしているので、多くの人はその「自分の欲するまま」ということを忘れています。

そういう人が「自分の欲するまま」の流れを思い出すツールが八門法である、と言ってもいいかもしれません。

八門法の流れの何がすごいかといえば、
自分の持つ宿命と完ぺきな調和を備えた流れである、という点です。

そのことを知って生きるのと知らずに生きるのとでは、
とても大きな差が出てきますね。

そういえば、
「八門法の通りに生きることは、神様の姿を生きることだ」
…とおっしゃった先生がおられました。

自分でありながら神の姿であり、森羅万象の中に溶け込む流れ。
それが八門法のエネルギーに沿った生き方です。

案外と、八門法がきちんと公開の場所で書かれないのは、それが奥義の一つだからだろうと思います。

只今現在、こんこんと書いていても、「退屈させていないだろうか?」と心配になることもあるような、全体を捉えようとすると積み上げるものが多く根気を要するのですが、
その先においてキャッチーな開運とか分かりやすい発展につながるヒントがある、という点ではかなり重要で、
算命学で商売をされているような方は、覚えておかれると良いだろうと思います。

★★★以下お知らせです★★★
6月二週目分のマガジンを公開しました。
こちら:https://note.com/kinugyokutoan/m/m48e76e731354

サークルも引き続き募集中です。
こちら:https://note.com/kinugyokutoan/circle
※初心者、見る専、匿名参加も歓迎です。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

3 件のコメント

  • ここで質問していいのかどうかわかりませんが、
    不適切ならば、スルーしてくださいませ。
    算出が間違っているかもしれませんが、
    自分で算出すると、
    数値の八門法では
    ・目上や他人から助けられる度合いは0
    ・自分が目下や他人を助ける度合い度合いは33
    ・何かに突き動かされて稼働していく度合い(押し出される度合い)は0
    ・自分が何かを目指して向かっていく度合い(社会参加を目指す度合い)96
    ・自分自身が揺るがなくなる度合いは26
    となります。
    で、八門法で陽占を作成すると、
    東に該当する星なし、
    南に該当する星なしとなります。
    数値でのエネルギーの流れはわかるのですが、
    どう解釈していいのか悶々とする日々です。
    八門法の通りに生きることとは、
    どちらを重視した方が良いのでしょうか?

    • shokoさん
      公開ブログのコメントではお答えしないことにしています。
      キリがなくなるので…。
      といいつつ、簡単に言えば、数値の高いものから取り組むのが定石と思います。
      ただ、他の要素も絡むので一言ではいいかねるところです。
      (書いてくださっている内容では判断できないというのもあります)

      よろしければ、サークルの方に書いていますのでご参加くださいませ。
      https://note.com/kinugyokutoan/circle

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です