天中殺と宿命中殺と異常干支、そして社会貢献

たまたま、
宿命中殺と異常干支を持つ人の命式を立て続けに詳述したので、書いておくのですが、

宿命中殺や異常干支のある人は、

ぜひとも陰徳を積んでいきましょう。

 

世のため人のためになることをし、
社会貢献、社会奉仕、
大それたことでなくても、
自分のためではなく誰かのためになることを積み重ねていくことで健やかに運命が発展します。

 

天中殺や異常干支というのは、「虚」なので、人生の道程における枠がなくなります。
普通の人はパイプのように上限も下限ある中に生きているのですが、
天中殺中や宿命中殺のある人、異常干支のある人は、そうした上限と下限が取り払われて大きく発展することもあれば大きく下落することもあります。

一般的に恐れられているような下落ばかりがあるわけではないのですが、
発展しすぎても宿命から乖離して淘汰の危機にあうこともあるので、
上限下限のない状態というのはやはり危険です。

 

しかし、世のため人のため、何かしらの貢献をしている限りはそうした淘汰の危機に合うことなく、逆に追い風を受けることができるので安定します。

よって、上限下限のない時期やそうした宿命の人は、
道を誤らないように、
大きく逸れてしまわないように、
ぜひ社会貢献をしましょう!
ということになるわけです。

 

ヤクザドラマなどで、
「利用価値があるうちは殺されない」
というセリフがありますが、
実は宇宙の仕組みも同じです。

誰かしらの人の役に立っている限りは、
生かされて助けられることができます。

 

よく、
天中殺の時期は「受け身」で過ごすのが良いといわれます。
宿命中殺のある人は「受け身」でいるほうが開運しやすいともいわれます。
異常干支のある人も「受け身」のほうが健やかに過ごせます。

 

ぐぐるとそんなことを書いてあり、
「受け身」って何??
という質問をされたりするのですが、
一般的な「受け身」という言葉から思い描くことと、算命学でいう「受け身」は実は異なります。

何でもかんでもただ流されるままにあれば良いのかといえばそうでもなく、
実際、宿命中殺がある有名人などを見ていると、必ずしも「流されて」いるわけではないことが分かります。

 

実はこれについては随分前にも別の角度から書いた気がしますが、
時間も経っているので、これを機に改めてこの「受け身」とは?ということも書いておくことにします。

 

算命学でいうところの「受け身」を一言で言えば、
「自分の利益になることをしない」
ということになります。

よって、
よく天中殺中は引越しをしないほうがいいとか、
転職をしないほうがいいとかいわれますが、
それが自分の利益のためでない限りは問題ありません。
「自分の利益」とは、自分の立身出世、経済的利益など現実的な利益恩恵を指します。

 

「何かをしない」ではなく「何かをする」という選択をしたい場合、
それは社会奉仕や社会貢献、陰徳を積む、
ということであればこれも問題ありません。

つまるところ、
社会貢献をしましょう!
ということになります。

 

ちなみに、
「受け身」で自分のやりたいことをする場合、
どこかに「世のため人のため」になる要素を折り込むと良いです。

例えば野球の選手がホームラン一本につき寄付をする成績連動型の寄付というのがありますが、そんな感じです。
お笑い芸人の方などでも、
売れたら何かしらの寄付をしたりすると願掛けしたりしていますが、
それも同じです。

 

自分がやりたいことと社会貢献をリンクさせると、天中殺や宿命中殺、異常干支があっても健やかな発展を見ることができます。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です