夫婦と相続

たまに、
「お父さんが亡くなられたなら、お母さんと一緒に住んであげればいいのに」
と言われたりします。
私も、そういうことも一応視野には入れて家を買ったのですが、
私の何十倍も交友範囲の広い母のこと。
今更私の世話をして過ごすのも気の毒とも思いますし、
実際、父が他界して3年くらいは塞ぎ込んでいたものの、最近は一人の生活を母なりに楽しんでいるようです。

そう話すと、
年配の男性の方は少し寂しげな顔をされたりするのですが、
うちの母は、実は一人で暮らしながら、
常に父とともにいる風情。
決して父を忘れて一人の生活を謳歌しているわけではありません。

電話では一人気ままな様子ですが、
何週間かに一度ずつ実家に帰ると、今も父が生きていて、二人が寄り添っているような、そんな気分になります。

朝は父の仏前にお茶を上げるまで母はものを口にしませんし、
ご飯を炊いたら一番に父の仏前に上げて、自分のご飯はそのあとです。
時々、話しかけてすらいます。
生前から、父を立て、父を大事にしていた母でしたが、それは父が他界した今も変わりなく、
そんな様子に私は安心感を覚えます。

一年の半分以上は出張で不在だった父と、
交友範囲の広い母。
二人は別の方向を見ながらともにいる夫婦なんだと感じていましたが、
それでも大事なことの決定権は常に父にあり、
母は常に父に相談しながら大きなことは決めていました。
私にも弟にも、父への深い尊敬の念が育まれたのはそんな母の影響も大きかったのだろうと思います。

なぜ突然そんなことを書いているかといえば、
民法法定相続分は配偶者が1/2で、残りが子供ということになっていることって実はあんまり良くないんじゃないかな?とふと思ったからです。

私は法定相続分を相続しているのですが、そのお金や資産にはまったく手をつけていません。
母が必要とするタイミングで、母のために使うもの、と思っています。

 

算命学では、
結婚は一つの目的を達成するために二人の人間が結ばれるもの、といわれます。
1+1が2ではなく、無限大になるような関係が本来の夫婦です。

私は父の人生と母の人生を見比べてみて、本当の夫婦だったんだなぁとそんなふうに感じています。
父が宿命以上に活躍したのは母のおかげだし、
母が健やかに晴れやかに人生を過ごしているのも父の存在があったからだろうと思います。

だとしたら、その成果物、その財産は夫婦で継承していくべきものなんじゃないかな?
と、そんなふうに感じます。

 

何か事業をしていてそれを子供が継承するとか、
家名を子供が継承していくとかなら別ですが、
普通の家なら、親はその資産を親の代で使い切るのが望ましく、
子は一から資産なり立場なりを構築していく方が、大成します。

バフェットは、
その資産のほとんどを死後においては寄付することを公言していますが、
恐らくそれが最も正しいように思います。

このあたりは、
私が生月中殺があり、家系の恩恵を受けない方が良いとされるから、
というのもあるのですが、
「寄る辺ない」状況からしか発展しないというのは真理であり、
子としては親に頼ることを前提にするのではなく、
自分の人生は自分でなんとかする覚悟というのが必要なんだろうと思っています。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

2 件のコメント

  • 突然お邪魔いたします。
    今年から算命学を通信で学んでいる者です。
    昨日、ふと、算命学関連の記事を検索していましたら、こちらのブログに辿り着きました。算命学の知識の一つ一つ深く解釈していらっしゃるようで、大変参考になります。
    なお、自分は子丑天中殺の最身強です。20代の頃、父親に就職先を斡旋してもらうという恩恵を受けてしまいました。結果は、ご想像できるでしょう、苦労の末にリストラ退職。身も心もボロボロでした。
    今は父も他界しており、自立して生活しております。過去を振り返り、人をあてにして生きてきた自分が恥ずかしく、自分の力で達成できないものは望まなくなりました。その意識をもってからでしょう、苦労はあっても確実に前進している感覚を持って生きてこられました。そして、算命学を知って恩恵は受けるべきではない自分の宿命を理解して、やはりそうか、と納得。おかげで、他人様をうらやましく思う気持ちなど、一切なくなりました(笑)ここまでくるのに10年近く経過しましたが、あの苦労もどん底も良い経験と思えています。
    人生って面白いですよね。
    これからも拝見させていただきます。良い記事、楽しみにしています。

  • コメント、ありがとうございます。
    私も学びの過程にあります。
    自分なりの解釈と検証の記録なので、ぜひな批判的な目でご覧頂き、「これはこうじゃないの?」と思われることがあれば、ぜひ御指摘下さいませ。
    子丑天中殺で最身強、、確かにお父様からの紹介ではたいへんでしたね。
    しかし最身強ならそうした挫折はプラスになるもの、見事にそれを体現されておられて素晴らしいです。
    他人をあてにできない宿命と知って覚悟が決まると不思議と元気になるもの、というのは私も経験があります。
    算命学を学ぶと、人生の筋、物事の筋が見えるようになるのが面白いな、と私は思っています。
    そのカラクリを知るために学んでいるという面もあります。
    どうぞ引き続き、よろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です