政治家の本質と政治スタイルの話

ドイツにおいて16年にわたりその地位にあられたメルケル首相が今年の9月、政界を引退される予定です。

現在はコロナによる混乱の最中にはありますが、体制の安定感という意味では割と穏やかな時期であり、メルケルさんから後継者への政権移行というのも、
アメリカにおけるトランプさんからバイデンさんへの政権移行に比べるとずっと穏やかなものになるのだろうと拝察されます。

ちなみに、世の中には、政治家のことを「立派な人」だと思っている人が多いですけれど、
実際のところをいえば、政治家のほとんどは「ろくでなし」であり、
例えばトランプさんとバイデンさんにせよ、菅首相と石破さんにせよ、

どちらがマシな「ろくでなし」か、
あるいはどちらが自分にとって都合の良い「ろくでなし」か、
ということの違いに過ぎません。

政治家というのは、
多くの人にかつがれる存在ですが(多くの人の票を得て立つわけですからね)、
これを言い換えれば「多くの人に使われる」存在であり、

当然に、自分の意図というのがまずきっちりあって、それを軸に同じ意図を持つ多くの人巻き込んでいく役割というのもあるのですが、

現実において何かを実現する、
多くの人の意図や思いを調整しながら実現する、
ということにためには、キレイゴトだけでは成らないもので、
その意味で、「ろくでなし」にしか務まらない仕事であるともいえます。

ちなみに、
政治を身強の人がやれば、自分が旗を振ってみんなを巻き込んでいく、という政治スタイルになりますし、
政治を身弱の人がやれば、かつがれた神輿に乗って活躍を目指すという政治スタイルになります。

そんなふうにスタイルは異なりますけれど、
いずれにしても、政治家というのは基本的に「ろくでなし」である、という前提を忘れないようにしないと、無駄にいら立つ、無駄に怒る、無駄に戦う、ということにつながり、エネルギーを無駄に浪費することになるだろうと思います。

「ろくでなし」という前提で、
政治家にどういうアプローチをするか、
つまり、
その政治家を批判するのか持ち上げるのか、仕えるのか使うのかというのはそれぞれですが、

どういうアプローチにせよ、
大前提として政治家を「聖人君子」だと思っていては本質を見誤るだろうと思います。

さて、メルケルさんの後継として有力候補と言われているのは、先日ドイツの最大与党であるキリスト教民主同盟(CDU) 党首に選出されたアルミン・ラシェットさんです。

★玉堂
牽鳳牽
報龍胡

こういう星図の方ですが、
身弱よりで東西に牽牛星があり、その牽牛星を玉堂星と龍高星が支えている人。

政治家の星である石門星は見当たりませんが、実は東方の牽牛星の下に石門星が隠れていて、役目役割をきっちり果たしていくということの中にも、石門星的な巻き込み力、和合力を備えた人です。

とはいえ、その政治キャリアの長きにわたりメルケル首相を支えるという形で過ごしてきた方であることからも分かる通り、
基本的には誰かに仕える、誰かに活かされることで良さが出る方なので、この方がトップに立つことが本人にとってもドイツにとってもマルになるかどうかはちょっと疑問と思うところ。

メルケルさんが裏で牛耳るならまた別ですが、
あるいは、菅総理のように、「心の師」を胸に置きつつ政治に向かうなら別ですが、

自分で牛耳ろうなどと思ったりすると、
つまり、星図が示すエネルギーの向かう先と活躍によって発揮するエネルギーの方向に不一致があると、
いろんな不調和が起こり、そういう人がトップに立ったりすると、無駄な混乱を引き起こすことになるだろうと思います。

そういえば、
本日菅総理が、施政方針演説において故梶山静六元幹事長の教えを引用されたようですが、
菅さんというのはそんなふうに「心の師」を大切にされることで良さが出る人であり、本人としても自分らしくいられる人です。

このところ苦しい感じのニュースが続いていますが、
本人としては実はそれほど苦しくはないんじゃないかと思います。

⭐︎2021年1月三週目分のマガジンを公開しました⛄️
https://note.com/kinugyokutoan/m/m8ae7bf03c73c
十二大従星の理解が進む内容などに触れています。

⭐︎2021年1月三週目分のマガジンを公開しました⛄️
https://note.com/kinugyokutoan/m/m8ae7bf03c73c
十二大従星の理解が進む内容などに触れています。

⭐︎2021年1月二週目のマガジン📚
https://note.com/kinugyokutoan/m/m9e0e14686ec1
コロナ禍下における商売の方法などを学理の観点から書いたりしています。

⭐︎八相局についてまとまってます。
https://note.com/kinugyokutoan/m/m4a084ee983f9

⭐︎2020年4月公開分(統合版)
https://note.com/kinugyokutoan/m/m9bf267619763

⭐︎サークルへのご参加も歓迎しています📚読む専もOKです。
https://note.com/kinugyokutoan/circle

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です