体型と十大主星と大運の話

本日は日曜日。
AppleWatchでいうところの「一週間」というのは、
月曜日から始まって日曜日までなので、
3つの円(ムーブ、エクササイズ、スタンド)を完成させる、それを一週間達成しましょう、という場合には、本日がいちおうのゴールとなります。

もっとも、一週間区切りの他にも一カ月区切りとか、回数区切りとかいろいろゴールはあり、
別に日曜日だけがゴールなわけではないのですが、
とりあえず本日、一つまたゴールを達成したことが嬉しくて、ちょっと書いてみました。

ランニングを始めて4か月目。
コツコツ続けています。

さて、人体星図というのは「自分の人生の地図」のようなもので、
世の中に出て行くときは東方の星を発揮することでその道のりがスムーズなものとなるとか、
どの上司についていくか迷ったら、北方の星がヒントになるとかいわれますが、

それ以外に、「あるべき体型」というのも示されています。

例えば、
多少太っていても、ふくよかさを感じさせるほうが良いとされるのは鳳閣星。
一方、同じ火性の星でも調舒星のほうは、華奢な細身であるほうがその星らしさがあるといわれます。

禄存星・司禄星は中肉中背とされる星ですが、
禄存星のほうが恰幅の良さを感じさせてマルの星、司禄星のほうは柔らかさを感じさせる中肉中背といった感じ。

貫索星・石門星はどちらも角ばった体型のイメージですが、
角ばり方がヨコに向かうのが貫索星、角ばり方がタテに向かうのが石門星と思います。

龍高星・玉堂星はいずれも細身のイメージながら、
玉堂星のほうはスレンダーでたおやかな細身、龍高星のほうは凹凸のあるしっかり感のある細身。

車騎星・牽牛星は共に筋肉質の身体の傾向ですが、
車騎星のほうは「戦える筋肉質」、牽牛星のほうは「実は筋肉質」(武官・文官ですからね)という感じと思いますがどうでしょう。

もっとも、人体星図には5つの星があるので、星があるから「これ」ということでもなく、
バランス型の星図なら主星の体型が現れやすいとか、偏りのある星図ならその偏っている星の体型が現れやすいとかあるので、
こうして挙げたところで「あるべき体型」がくっきりはっきり分かるものでもありません。

とはいえ、それでも例えば、
細身の星しかないのにすごく太っているとか、
ぽっちゃりした星ばかりなのに極端に痩せているとかいう場合には、

ちょっと生き方を振り返ってみる、
何か歪んだ生き方をしていないか?宿命を逸れた生き方をしていないか?を吟味してみる、
…ということは必要ではないかと思います。

ちなみに、私がせっせと走っている理由は、
これまでも書いている通りいろいろあるのですが、
車騎星・牽牛星が全部で3つもありながら、緩慢な生活の末にずいぶん増えた体重と、緩み切った体型をどうにかせねばと発奮したというのも理由の一つ。
「車騎星があるのに太っている人は宿命を逸れている」といわれる中で、ちょっとこれでは「紺屋の白袴」だな、と反省した次第。

もっとも、太ったのは鳳閣星の大運に入ってからなので、
鳳閣星らしさという意味では増えた体重も、多少緩んだ体型も良いようにも思っていますが、
まもなくその大運も終わろうとしているので、いよいよ本格的に体型改造に着手したというわけです。

私の設定は、
ムーブゴールが730kcal、エクササイズが50分、スタンドが12回にしています。
頑張らないと達成できないけれど、ちょっと頑張れば達成できる程度、というのがちょうどよい感じです。
(通勤などで駅まで歩くときなども「エクササイズ」に入れているので、それほどたいへんなゴールではありません。)

⭐︎2021年1月三週目分のマガジンを公開しました⛄️
https://note.com/kinugyokutoan/m/m8ae7bf03c73c
十二大従星の理解が進む内容などに触れています。

⭐︎2021年1月二週目のマガジン📚
https://note.com/kinugyokutoan/m/m9e0e14686ec1
コロナ禍下における商売の方法などを学理の観点から書いたりしています。

⭐︎八相局についてまとまってます。
https://note.com/kinugyokutoan/m/m4a084ee983f9

⭐︎2020年4月公開分(統合版)
https://note.com/kinugyokutoan/m/m9bf267619763

⭐︎サークルへのご参加も歓迎しています📚読む専もOKです。
https://note.com/kinugyokutoan/circle

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です