干支による投資実験の結果の話

noteのほうに書いていた日経平均予測の記事について、
「それでどれだけ儲かったんですか?」
という質問をいただいたので、いちおう公開しておきます。

ただいま現在、まだ保有中なので、
「儲かった」
というわけではないのですが。

なお、先に説明しておくと、
職業柄、株式投資は出来ないので概ねインデックスで投資をしています。
また、保有期間3ヶ月未満での売買は投機的取引にあたるため原則禁止されていることから、基本的に年始以降買ったものは買いっぱなしにしています。

よって、今年庚子の年、ということで年始にいったん手仕舞って、
毎月定額で買い直していたところでコロナショックが起き(想定どおり)、
以来、ほぼ毎日コツコツ買い進め、さらに手持ちの普通預金にあったキャッシュも投入した、
という程度のゆるい投資行動の結果です。

なので、デイトレとかスイングとかで投資をしている人の役に立つかは分かりません。
が、中長期的な投資をされている方に、
「そういうやり方もあるのか」
と思っていただければいいな、と思います。

さて、で、どれほど「儲かった」かといえば現在、約10%の利益です。

なお、
NYダウはコロナ前29000円代、現在24000円代、
日経平均がコロナ前24000円前後、現在20000円代、
なので、順当にいけばあと何割かは上がるだろうと思います。

劇的というほどの成果ではありませんが、
干支投資の実験はひとまず成功、といえるのではないかな、と思います。

※「儲かった」ことをアピールすることが目的なのではなく、
干支の知恵を活用することで経済を概観できること、
そしてそれを活かしていけるということをお伝えできるといいな、という趣旨で公開しています。

「お金」が絡むことで、これまで算命学に興味をあまり持っておられなかった方が少しでも興味を持たれるようになり、より生産的、発展的な人生に向かわれるといいな、と考えています。

⭐︎⭐︎⭐︎以下お知らせです⭐︎⭐︎⭐︎

5月四週分のnoteを公開しました。

📚人間の成長や機運、あるいは国の経済の動静を観る サンプルは「日本国」の命式

📚鑑定士が宿命を読むときの一般的な流れをサンプルで説明します

📚天中殺の応用、役割の意味とサイン 森羅万象の法則は法律以上に絶対のもの

📚十大主星の裏の顔、十大主星の一極二元を捉えて星を完全燃焼する

📚月柱についての理解を深める。月支半会の効果や生月中殺の陽転の仕組み。

📚【命式解析】陰占と陽占、大運と十二大従星の一致不一致という観点から

📚器を知り、器の動きを知り、器に中身を入れると大成する、器に中身を入れる方法。

こちら:https://note.com/kinugyokutoan/m/m9bd449cf80ca

※サークルは月会費5,000円です。読む専も歓迎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です