「隴を得て蜀を望む」ことと東方の星

「隴を得て蜀を望む」という言葉があります。
後漢書において、武功をたてた大名が、王様であった曹操に隴という国をもらったのち、さらにまた手柄を得たときに、こんどはその隴よりも大きな蜀という国を所望したということをいっている言葉なのですが、

この言葉は人間の欲というのを示しているとともに、
人間が、段階的に成長するものであることも示しているなと思います。

先日、世の中に出ていく、立身出世する、お金を稼ぎに行く、ということをするときには東の星を使います、ということとともに、
その東の星はきちんと実践的・体験的に使ってみなことには、その星の姿というのを自分のものにすることはできないだろうということを書きましたが、
そのことにも通じるな、と思いましたがどうでしょうか。

これは、
人間、いきなり大きなものは望めない、
よって、小さなものから一つ一つ段階を踏むように大きくしていくのが安定もするし、うまくいく。
…というのもさることながら、
小さいながらに一段階でも登ってみれば、上る前よりも少しは高い視座を得て、
より「高い」と思っていたものがそうほど高くはないところにあることに気づく、ということのほうが、実際には大きいのではないかと思います

あるいは、中村天風先生が、その著書『盛大な人生』において、
「本当の欲望というのは楽しい欲望のことなんだ。
星がりゃ欲しがるほど楽しいのが本当の欲望なんだ」
と書いておられますが、
何かをやってみて、できたらさらに次へ次へと向かいたくなるものが「自分の本質に合ったものである」、といえ、
その先に、心身の豊かさ、心身の充実があり、人間はそちらのほうこうに引き寄せられていく(東方に向かっていく)ともいえるのではないか、と感じています。

こういうことは、
自分のことでよくよく吟味してみないことには分からないもので、
つまり東の星は使ってみないとどんなものか分からない、ということ。

ブログを読んで、本を読んで、「なるほど」と思うことと、
自分の人生に照らして「なるほど」と思う、その「なるほど」の質には天と地ほどの差があります。

東の星へガツガツと向かう、
そのことについて、「欲深い」ととらえる、感じる方もおられますが、
これは「成長」であり「進化」ではないかな、と最近私は思っています。
(よって、同じようなことを繰り返し書いています、すみません。)

「もっと」と望むことができるというのは、案外と簡単ではありません。
とりわけ30代も後半を過ぎ、40代、50代となってくると、欲に伴う煩わしさよりも、無風の平穏を望むようになったりします。
それは「奥ゆかしい」「謙虚」というよりも「怠惰」「停滞」なのではないか。

「欲」をもって成長進化に向かうことができるなら、そのほうが良いのではないかな?と考える次第であります。

こうしたことを踏まえれば、
ときにネガティブに語られる「エゴ」の星というのも、それが徳目として挙げられていることの意味が分かるのではないかと思いますがいかがでしょうか。

ちなみに、天風先生によると、「自分の本質的な欲」=「自分らしさの発揮」においては、疲れるということがないそうです。
けれど、多くの人はその尊い「自分の本質的な欲求」、神髄に向かうのがおそろしいので、他の欲・つまらない欲で時間やお金をつかってまぎらわしているのだとか。

「好きな人のことをしているときには、ちっとも疲れない。
嫌な奴に頼まれると、半紙一枚持ったってくらびれる」

自分はどうだろう?
半紙一枚持つだけで疲れるようなことをしていないだろうか??

…ちょっと振り返ってみようかな、と思いました。

※今週末までにコメントバックします!バタバタしていて遅れていてすみませんー。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

4 件のコメント

  • 最近、自然法算命学と言いますか、冬至説は当たっているのかも、どうかなと思い実践を始めました。
    冬至だと宿命中殺なし、東に石門ということで
    いわゆる同人というもの関係で自分で書くこととはやりますが絵は描いてもらう、外注して企画するということです。
    文章も良い人がいれば投げようかなと、つまりはプロデューサー業ですね。
    冬至だと知性と名誉がないので下品な話で申し訳ないのですが大人向けの作品を作るので
    もしかしたらあっているのかもしれません。
    行動して試してみようと思います(冬至だと北天運から東天運になりました笑)

  • あとは自分での判断ですが、調べたところ大運天中殺が初旬の次から始まります(冬至
    それだと順行運で今32歳なのですが34で切り替わります
    恐らく陰転しており、また父も危うい状態で
    持って数年というところです。

    これは立春説の宿命中殺の場合だと一人暮らしなどで母との縁を疎遠にすれば陽転ですが、冬至説の場合次の大運が繰り下がりで大運天中殺で父が恐らく、、、そして晴れてくるのかもしれないと思います。
    いずれにしても今経済的にも、病的にも動かない状態でこのことも冬至説もあるのかもと思っております。

    実体験で検証をしてみますね。
    ではまた

  • みくにさん、コメントありがとうございます。
    冬至説は私も検証中です。
    まだ確信的ではないですが理にかなっているなと思います。

    自分らしく生きる道、しっくりくる道が冬至説の命式ならその方向で進んでみても良いのではないかと思います。
    違えば多分気づきますし。

    応援しております。
    引き続きよろしくお願いいたします。

  • みくにさん、ありがとうございます。
    算命学は流派によって色々と見方がありますね。
    これが最も正しい!と私は断定的には考えておらず、柔軟に採用するのは良いと思います。
    どれを採用するにせよ、閉じこもるのではなく開いていく、外側に向かう気が陽転に導いてくれます。
    ぜひ前向きに進まれますよう、応援しております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です