牽牛星・玉堂星の矜恃

昨日書いた玉堂星と牽牛星は「きちんとする」ことが大事ということについて、玉堂星のある方が、

○「きちんとして見られる」ことを昔からずっと不思議に思っていました。
○ダメージジーンズなど傷んだファッションや緩いファッションは全く似合わない。

ということをFacebookのにコメントをくださいました。ありがとうございます。
そうだろうなと思います。

これに付随して、書き忘れていたことを書いておきます。

私は主星が牽牛星なのですが、
知り合った頃に、
「ありがとう」ではなく「ありがと」、
「おはよう」ではなく「おはよ」、
と、書いてメッセージをくれた人がいて、

まだ知り合ってそれほど経っていなかったのに、
「ちゃんと“う”をつけないとダメだよ。」
と指摘したことがあります。

私はその“う”を端折る感じが落ち着かず、
きちんと「おはよう」「ありがとう」と書かれないと違和感を感じたのでそれをそのまま伝えたのですが、
その人は、それを素直にきいてくれて以来「おはよ」「ありがと」と“う”を端折って書いてくることはなくなりました。
以来7年くらい、今もその人は私にとって最も親しい友人のうちの一人です。

会社の先輩と仲良くなった頃に、
私のことを「おまえ」と呼び出して、
その人は私より5歳くらい年上の人でしたけれど、
「おまえ」と呼ぶのは失礼だと指摘したら、
以来その先輩が私を「おまえ」と呼ぶことはなくなりました。
以来、10年くらい、その人は私にとって最も尊敬する先輩の一人です。

先日、玉堂星や牽牛星は、多少慇懃なくらい「きちんとする」ことが道を開くということを書きましたが、
同じように、
「自分のことをきちんと扱ってくれる」
人でなければ付き合うべきではないだろうとも思います。

牽牛星にとって、
「きちんと扱ってくれる人」が、「仕えるに足る」「尊崇の念を抱く」ことに足る相手であり、
交友交際を続けるに足る人であり、
自分の在り方を全きものとして発揮していくことができる、
自分の道を開いてくれる存在です。

玉堂星にとっては、
「きちんと扱ってくれる」人が「正統であること」「賢母の誇り」に自負自信を抱かしめ、その姿を尊いものにしてくれる存在であり、
その尊いものを継承するに足る相手であり、
自分の在り方を全きものとして発揮していくことができる、
自分の道を開いてくれる存在です。

よって牽牛星や玉堂星は、
自分が「きちんとする」のと同じように、
相手も自分に対して「きちんとする」人でなければ、付き合う必要はなく、
付き合うことで自分が歪んでしまうように思います。

そんなことをしていては、
友達ができなくないですか?
人が離れていかないですか?
というのはごもっともながら、

自分が歪む、
自分を歪める人と付き合って、
その後リカバリに費やす時間と労力を考えれば、
先にその選択をしておくほうが良いのは自明のこと。

それでも30代までならそれも良し。
それにより学んで改め、道を正すことも出来ますが、
40代を過ぎてその大切なところで妥協をしては、余程何か大きなきっかけでもないことにはリカバリが難しくなるように思います。

とはいえ、
これは取り分け個人で事業をされる方、
自身の裁量で会社の経営などをされている方には
死活問題になることがあります。

商売においては、
ときにずるいことも必要ですし、
客をつなぎ止めるには嘘もつき、
長く続けることのためには妥協をすることが求められるものでもあります。

その意味で、牽牛星や玉堂星というのは、本質的に「商売をする」ことには向かないかもしれません。

だからこそ、
清濁を超えて人にサービスを提供できる禄存星や司禄星、
守るためのもののためにはその他を歪めることもできる貫索星、
清濁合わせ飲むのが本旨である石門星などが商売の世界には向くのだろうと思います。

牽牛星や玉堂星が商売をしてはいけない、
ということではありません。
但し、
お客様に毅然として在ることができ、
そのお客様がその商品やサービスを提供するに足る相手であることが必須であるように思います。

ということは、
自分がそれだけ質が高く、価値が高く、尊崇の念を抱かしめる何かを提供できなければならないということで、
ときに相手が客であったとしても厳しいことをいう、
客を選びときに客を拒絶する、
という強さが必要だということでもあります。

結果として、
牽牛星が商売をすると「武士は食わねど高楊枝」、
玉堂星が商売をすると「象牙の塔で商売は出来ない」、
などということになるのですが、それは必ずしも悪いことではなく、星の本旨沿うという意味ではむしろ望ましく、
つまるところ、
牽牛星や玉堂星というのは自らせっせと集客するのではなく、
敬って客が推参するような場所で成り立つ商売をする、そのために研鑚を重ねるのが正しいだろうと思います。

なお、こうした星の「あるべき在り方」というのは、その星の位置を見ればよく分かります。

       龍高・玉堂
         |

車騎・牽牛ー 禄存・司禄 ー関索・石門

         |
       鳳閣・調舒

あるべき在り方であるのが健やかな在り方です。

✳︎昨日は、蒼い桜がキレイでした。

15 件のコメント

  • わかる気がします。ちゃんとしてない人は男女問わず興味がないです。ちなみに私は
    胸が石門星で、その両側とも玉堂星です。

  • おはようございます。コメントの返信および天中殺へのお気遣い有難うございます。
    牽牛星と玉堂星は四柱推命ではそれぞれ正官と印綬と呼ばれ、正統な官つまりは文官で印綬はその文官が職務の時に使う印につける紐の事で、
    いずれにしても官吏、今でいう役人や公務員に関する星、名誉を授かる星なので、なるほど商売には向いておらず、周囲と和合する石門星、
    大衆や庶民を意味する鳳閣星や禄存星などとは対照的ではありますね。
    しかしながら、そんなカチカチの役人の星も存在しないと社会の秩序も乱れるでしょうし、やはり世の中には必要ではあるでしょうね。

    話は変わりますが、恥ずかしながら矜恃という熟語を初めて拝見しました。(きょうじ)と読むそうですね。調べてみたら実はその(きょうじ)
    『矜恃』の他、『矜持』という同じような語句があるのです(違いは言偏か手偏)が、その違いは
    「矜持」はその自尊心をじっと保ち、自身を抑える事
    「矜恃」は見るからに自尊心があり、堂々と振る舞う事
    なのだそうで、私の持つ十二運星の天禄星と天将星の違いが頭に浮かびました。
    因みに、もう一つの身強星の天南星の「きょうじ」は「矜持」でも「矜恃」でもなく「教示」が相応しいかも。(笑)
    桜の季節になりましたね。蒼い桜、本当に綺麗で気分も明るくなります。

    • 紅虎さん、おはようございます!
      >牽牛星と玉堂星は四柱推命ではそれぞれ正官と印綬と呼ばれ、正統な官つまりは文官で印綬はその文官が職務の時に使う印につける紐の事で、いずれにしても官吏、今でいう役人や公務員に関する星、名誉を授かる星

      なるほど!どおりで。
      とても大事なことを教えてくださってありがとうございます✨
      星の基本的な意味や在り方を知った後で、それぞれの星の位置や方向を意識するとなるほど、と思いますね。
      その意味で、算命学は復習によって得る学びがとても多い学問だとも思います。

      「矜恃」は算命学の先生がよくおっしゃっていたんです。
      こうした分野を担う人間はとりわけ矜恃が大切であると。
      天南星の教示は思い浮かびませんでした笑
      でも自分の星の在り方を振り返るのは、大事ですね。

      そろそろ年度末、忙しい時期ですがご自愛くださいませ。

  • 初めてコメントさせて頂きます。
    いつもブログを拝見させて頂いております。
    今回のお話、とても興味深く読ませていただきました。
    私は北に牽牛星、西に玉堂星がありますが
    人への礼儀はもちろん、物心ついた頃から優等生であること、品行方正を意識していたように思います。
    礼儀や尊敬については、自分以外の人に対しても、とても気になるところです。
    私事ですが、日干が乙亥です。日座についても是非記事を書いてくださると嬉しいです。
    初めてのコメントでリクエストをしてしまい、ご容赦願えれば幸いです。

    • えりかさん、コメントありがとうございます。
      コメントを拝見し、投稿の方に書かせていただきました。
      引き続きよろしくお願いいたします。

  • こんにちは。
    ようやく桜が少しずつ開花し、混沌とした世の中に光明を落として下さってますね。

    牽牛、玉堂持ちの私は、接客(営業)で裏表曝け出し真っ向勝負してきてました。その結果、お客様がお客様を紹介して下さるケースも多々有りました。良い面だけ見せるのは、ずる賢く見えて嫌いな戦術だと自然に感じてたのは星が光ってた証拠ですかね😊
    後、道が付く御習い事を自然と選んでましたね。
    書道、花道、茶道は嗜んでおりました。
    免状まで希望した際に、その時の先生に今後かなりの費用が毎年必要になる事と時代のニーズの兼ね合いで、師範を取る事は進められず嗜む程度に落ち着きました。良い先生に出会えてたと思います。

    • のんちゃん、おはようございます。
      接客と玉堂星、なるほどそんなふうに「きちんと」がお客様を呼ぶこと、確かにありますね。
      きっとその「きちんとした」ところに安心されるのでしょうね。

      書道、華道は私も少しやりました。茶道はそのうちやりたいです。
      お免状は「組織に属す証」であり「組織に組み込まれる」ことの覚悟の証でもありますね。
      その道で生きて行くのではない場合は負担にもなりますが、その道で食っていくには心強い看板にもなります。
      そういう視点で、どの分野でお免状をいただくのか選んでいくのが良さそうですね。

  • いつもブログを拝読していて、私も初めてコメントさせて頂きます。

    私は東に牽牛、南に玉堂を持っています。

    私は今、子育て中なのですが、きちんとが故にイライラしたり悩むことが多かったり、
    周りの人もとっつき難いだろうと思うので、もっと緩く生きられたらいいのに…と日々思っています。
    でもこの記事を読んで、今の生き方に自信を持っても良いのかなと少し思えました。

    ちなみに、反対の意味を持つ星を併せ持つ場合は、どちらの方向性で生きていくのが良いのでしょうか?

    • 姉妹ママさん、コメントありがとうございます。
      お読みくださり、考えてくださってありがとうございます。
      意味のあることが書けているのだと嬉しいです。

      反対の意味を持つ星、ありますよね。
      これは、方位を意識してそれぞれに発揮していくのが良いです。
      目下や子供には南の星、友人関係には東の星、夫には西の星のように使い分けると良いです。
      使い分けるのは大変そうですが、意識することは自分をコントロールすることにもつながるので、無駄に怒ったりすることが少なくなります。

      • 返信を頂きありがとうございます。
        それぞれの星についての理解をもっと深めて、意識して使えるようにしようと思います。

  • はじめましてコメントさせていただきます。
    同じ戊亥天中殺ということで、数年前から、ずっと読ませていただいてました。いつも有益な情報をありがとうございます。

    私の命式は、主星と西の星が牽牛星で、北と東が玉堂星、南は貫索星です。
    確かに、今も、先生と呼ばれる職業ですし、プライドが高いというか、周りからもきちんと扱われたいし、礼儀や言葉遣いなど、きちんとしたい気持ちがあります。見た感じも上品に見られますし、冗談や下品なことを言っても浮くと思います。

    ただ、こういった性質のために、続かなかった人間関係も多々あり、もう少し柔軟になれないものかと悩んだ時期もありましたが、これが私なんだと受け入れてからは、大分楽になりました。

    • りすくま先生、コメントありがとうございます!
      牽牛玉堂がそれだけあれば、プライドも上品さも当然で、むしろそれにそぐわない人は離れて良いだろうと思います。
      若い頃はそれにより、ご指摘どおり浮くこともありますけれど、それに屈しないことで濁らずに済むという面もありますよね。

      楽になられたと聞いて私も嬉しいです。
      役に立ってよかったです✨
      金生水、水生木とキレイに流れて貫索星が強まるようなので、そのプライドや上品さを堅持してご自身の描く未来を健やかに体現されることと思います。
      応援しています!

  • 初めまして。今回のお話、とても興味深く拝読しました。
    私は中心に玉堂星、東に牽牛星、北に司禄星、南に調舒星、西に禄存星を持っています。生真面目で冗談の通じない人間に見られるのは仕方ないと思っていますが、既婚で子供がいないのに「家庭的でいいお母さん」に見られたりもして、玉堂星ってそんな風に見えるのかなと思っています。

    • 玉堂星人間さん、こんばんは、そして初めまして。
      コメントありがとうございます。

      玉堂星の方は「きちん」と見えますよね。それは恩恵だ思います。
      さらにいえば、東方に牽牛星があれば、多少堅苦しそうに見えるかもしれませんが、その分、しっかりと人物と評価されるものと思います。
      「見え方」というのはやはりあるので、その「見え方」を自分で認識しておくと、バランスよく人間関係を築きやすいのではないかと考えます。
      ぜひ、その恩恵を活かされますよう、応援しております。

      • こんばんは。お返事いただけてとても嬉しいです!恩恵を活かすことを意識していこうと思います。ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です