信用主義経済への流れと進気

振り返りの第三弾です。

知り合いが「今年読んだ本」として、
『1日3時間だけ働いておだやかに暮らすための思考法』
という本を挙げておられるのをみて、
最近の私はそんな感じだなぁと思いつつ、
読んでみようかな?
…とちらりと思ったのですが、

もはや「3時間」でも多い気がして、
来年はもっと「働くこと(アウトプットすること)」の効率を上げて、
もっとさらに心と感性が伸びやかに広がるようなインプットをしたいな、
それを密度高く構築していけるような生活に移行したいな、
…と思っています。

さて、この本の後半には、
貨幣を中心とした今の資本主義経済が、「信用」に基づく「信用主義経済」に移行していく必然性とその道筋が説かれているそうです。

私はこの本を読んではいませんが、
これはよくよく考えれば当然で、
本質的に価値あるインプットをするのはもちろん、
本質的に価値あるアウトプットをしようと思うなら、
つまり密度の高いインプットとアウトプットをしようと思うなら、そこには「信用」が不可欠です。

お金を介在したインプットやアウトプットの密度というのは、
信用を介在したインプットやアウトプットの密度に比べれば浅薄(せんぱく)極まりないもの。

「資本主義経済の先に信用主義経済がある。」
…ということがいわれるようになって久しいですが、

私自身、ようやくこのところ、
「たくさん作ってたくさん売る」
「たくさんの人にたくさん売る」
という資本主義経済から成るモノやコトへの興味が薄れ、

一方で、
「信用できる人のサービスを使う」
「信用できるお店のものを買う」
「信用できる人が作ってくれるお店で飲み食いする」
そして何より、
「信用できる人と過ごす」
…ということに、心地よさと安定と安心感を感じるようになりました。

元々は、
天中殺中(2018年、2019年)にいろんな人間関係を制限し、
モノやサービスを購入するルートから「新規」を外した時期に、
「信用」の価値を知ったわけですが、

その天中殺が明けた今年というのはその「信用」を重視する姿勢がより鮮明になった一年だったな、と思います。

人でもモノでもサービスでも、
信用がある、これまでお世話になった実績があるものを重視して、
新しいモノやサービスを選ぶときにも歴史や伝統など、「信用」に類するものを選ぶようになりました。

「信用できる」人やお店、サービスには、
心地よさと安定と安心感がある、と書きましたが、
実は効率的、生産的、そして発展的という面も多分にあります。

なぜなら、
失敗がない(少ない)、
ストレスがない(少ない)、
揺らぎがない(少ない)、

…つまり、前提が盤石なのでそれをベースに、

次のことを考えられる、
別のことを考えられる、
より発展的なことを考えられる、からです。

もちろん、人生には、
新しい人やモノ、サービス、
不安定で評価の定まらない人やモノ、サービスを取り入れていくべき時期というのはあります。

例えば、退気の時期というのはそういう時期ですが、
ただいま現在、私は三柱のうち二柱が進気の時期なので、

信用や実績、歴史や伝統といった価値の定まったものを選んでいくのに良い時期、
自分の価値観にフィットするものを選び自分の美意識を研ぎ澄ませていくのに資するものを選んでいくのに良い時期であり、

さらにいえば、まもなく司禄星という信用をテーマとする大運に入るので、

「信用できる人のサービスを使う」
「信用できるお店のものを買う」
「信用できる人が作ってくれるお店で飲み食いする」
そして「信用できる人と過ごす」
という在り方は合っているのだろうと思います。

それにしても、
天中殺期間の過ごし方がそのことに気づくきっかけになったということもまた感慨深いものがあります。

自分がモノやサービスを選ぶ場合において「信用」が大事であるように、
自分がモノやサービスを提供する場合においても「信用」が大事である、ということもまた考えています。

日々のコツコツとした蓄積はもちろん、
真面目に正直な「仕事」を積み重ねることの大切さ。
そして、その真面目に正直に蓄積を重ねた先の「仕事」の価値を「信用」してくれる人を選んで提供していくことの大切さ。

時間もエネルギーも無限にあるものではないので、自分の時間とエネルギーを費やしていく、提供していく人や対象というのも、
きちんとそこに「信用」があることをきちんと見極めた上で選んでいきたいものです。

来年は、そのために、その「信用」に足る価値を提供すること、提供し続けることに邁進する一年にしたいな、と思います。

⭐︎2020年12月四週目分のマガジンを公開しました📚
最近のランニングコースにある柚子の木の写真です🍊
算命学が分類学である、ということなど書いています。
https://note.com/kinugyokutoan/m/m87b9ce46e699

⭐︎八相局についてまとまってます。
https://note.com/kinugyokutoan/m/m4a084ee983f9

⭐︎2020年4月公開分(統合版)
https://note.com/kinugyokutoan/m/m9bf267619763

⭐︎2020年5月公開分(統合版)
https://note.com/kinugyokutoan/m/ma8ab308f3ccb

⭐︎サークルへのご参加も歓迎しています📚読む専もOKです。
https://note.com/kinugyokutoan/circle

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です