「算命学の神さまが応援してくれてる」と感じた話

本日の未明、
「算命学の神さまが応援してくれてる」
と感じるようなことがあったので、記録として書いておきます。

昨晩は、近所の方から命式を見て欲しいといわれていた方の対応をしたのですが、まったくもって疲労感ばかりが残る夜でした。

友人の紹介だったこともあり、
自宅での飲み会とセットにしてしまったのがいけなかったようにも思いますが、お帰りになったのが夜中の2時くらい。

恐ろしく長い時間を無駄にしてしまった感じとともに、
先日書いたばかりですが、「お遊び半分」の方の命式を観ると、疲労感ばかりか自尊心まで傷つけられるので、もうやめようと改めて思った夜でした。

そんなこんなで、夜中の2時を過ぎて一人その疲労感にピリピリと苛立ち、ぶつける先もないまま、Facebookの友達整理などもし、ブログにいただいていたコメントに返信などしていたのですが、
その2時を過ぎたタイミングで返信したコメントにリアルタイムでさらに返信が。

普段、そんな時間にコメントはないし、そもそもあっても気づかないもの。
さらにいえば、そんな時間に返信して、それにリアルタイムでさらに返信が来る確率ってどれだけのものか分かりませんが、おそらく数パーセントくらいのものと思います。

それが、
私のやさぐれた気持ちを知ってか知らずか、
(知っているわけはないので偶然だと思いますが)
リアルタイムで返信が来て、
それが私の傷ついた自尊心を癒して余りある内容で、私はその方のコメントのおかげで心が救われ
、「また頑張れる」と思うことができたのでした。

その救われたコメントがこちら。

『ともあれ、私レベルでは基本ながらも詳細に意見を交えて書いてくださるので十二分、非常に役立っております。
算命学のブログとしては、開始されてまだ数年なのに、量と濃さはトップクラスだと感じております。
(中略)疑問点があるたびにあれこれ多数のブログを同内容を比較して当たりをつけている状態ですが、まあ皆さん教科書そのまま抜き出したもの、もしくは他のサイトで書かれた内容をふわふわした文体に直しただけの方々が多いこと。(以下略)』

私のブログは学び用なので、とても「トップクラス」などとはおこがましいのですが、
少なくとも教科書の丸写しや他のサイトの焼き直しはありません。
一つ一つ、自分の考察を記しているもので、それは私のブログだけを見ている人は気づかないかもしれませんが、他のサイトも見ていれば、つまり「見る人が見れば」分かります。

これまでそのことに特に自負を持つということはなかったのですが、
そのようにきちんと見てくださる方がいたことに救われ、昨晩の酷く傷ついた自尊心にはこれ以上にない慰めであり癒しの効果があり、さらには「自負心を持つ」ことを促されているように感じました。

多分、普段のなんでもないときであれば、
「ありがとうございます」で終わっていたと思うのですが、
そんなタイミングでのその内容に、
「算命学の神さまが応援してくれてる」
と、感じた次第。

世の中、たまにまるで「通り魔」のような人に遭遇することがあります。
それにより、酷く自尊心が傷ついたり破壊的な気分に陥っていたりして、投げやりになってしまうことがあるものですが、
たとえそういうことがあったとしても、日々研鑽を重ね精進していれば、神さまはみていて、リカバーしてくれるんだろうと思います。

そうしたことを身をもって体験したことを忘れないために、記録として書いておきます。

ちなみにその「友人の友人」は友達削除ではおさまらず、「ブロック」しましたが、
弱く緩慢な自尊心、自負心というものは、そういう極めて無礼な人と遭遇することにより、強く育っていくものなのかもしれません。

そう考えると、「通り魔のような人」に遭遇することにも意味があり、私の緩慢な自尊心や自負心に喝を入れるためにその人は登場したのかもしれず、もしかすると感謝すべき存在という見方もできるのかも。
(二度と関わりたくないですが。)

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

6 件のコメント

  • そんなことがあったのですね。。。。
    私の方は長文コメント連投なんてブログハイジャックで失礼ではないか、と送信後一人こっそり悔やんでおりました。それもそちらの夜中なので怪しすぎますよね。実は私は海外在住なのです。数年前まで日本語文章を四六時中書く職務にあったものの、現在はまるっきり遠ざかって、夢中になると長い文章を書いてしまう悪癖ともご無沙汰でした。なのにあの日強く共感するものがあり、不思議なほど書かなくてはいけない衝動に抗えませんでした。我に返った際には、ああまた天将持ちの押しがでた、スルーして下さればまだしも、ドン引きされてブロックされたらどうしようとかまで思っていたぐらいです(笑) そんなわけなので、本記事に今度はこちらが救われましたよ。まさに算命学の神様の采配とはいえ、日頃勉強させていただいている恩返しに少しでもなったならおもはゆいながらも嬉しい限りです。

    それにしても紹介とはいえ親しくない方にそこまで尽くされるとは、金烏玉兎庵さんはやさしいですね。私もそういう状況に合うと結構ひきずるのですが、彼らは彼らでああいう生き方でOKである(と思っている)性質と境遇がこの世での役割なのだとか、相性や運のまわりで相容れない相手なのだとか、後から割り切るのに算命学が非常に役に立っております。そういう方と接触中のリアルタイムで鑑定されたのなら、命式をみてもあちゃー、と思われたりしたのかなと想像しています。金烏玉兎庵さんとのご縁をみすみす無駄にされるなんて、なんてもったいない。

  • のりっきーさん、ありがとうございます。
    海外におられるのですね、納得。
    そして救われました、本当にタイムリーで感謝感激でした。
    長い文章、どんなお仕事か気になります。。

    私との縁、、どうでしょうね。
    「友達の友達がなんか占いやってるらしいからみてもらおう」みたいな感じだったのかな?と推察します。
    まあいろんな人の縁があり、素晴らしい人に出会える分だけおかしな人に会うこともあるのが一極二元の世界なので、特に気にしてないです、お気遣いありがとうございます。

    ちなみに、宿命をされている方は本人が自分の宿命を逸れている分だけ本質に気づきにくいというのはあるだろうと思います。命式を見て「あちゃー」とは思いませんでしたが、不一致点が多すぎて、混乱したというのはありました。
    なので、私の未熟による部分も多分にあるんです。

    ただ今回のことで明確に思ったのは、私を軽んじることは許せても、算命学を軽んじるのはその担い手として許してはいけないだろうということです。
    それに気づかせてもらえたことに感謝すべきかもしれません。

  • タイムリーではないのですが、
    どうしてもお伝えしたくて…◡̈⋆

    いつも勉強させていただいております。
    金烏玉兎庵さん、
    お会いした事はございませんが、
    いつも感謝しております。
    このように自分の知識を惜しげもなく、
    公開してくださっていることに敬服しております。
    お陰さまで、算命の命式の読み方など
    横にも縦にも知識が深まります。
    今までぼんやりしていた事がイメージが湧くと言いますか、イメージが浮かびます。
    だから本当にありがたいです!
    これからもよろしくお願い致します◡̈♥

  • エリーさん、ありがとうございます。
    このブログはあくまで私の勉強のプロセスを記すものなので、総論を学ぶことには向きませんが、同じように学んでいく中で同じような疑問にぶつかる方の役に立てば良いな、と思っています。
    こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。

  • はじめまして。
    ふと立ち寄った金烏玉兎庵さんの公開プログを楽しく読ませていただきながら、なんて頭の良い方なんでしょうと、いつも思っています。
    私事ですが、だいぶ昔・・ご縁で学んだ算命学、ほんとに分かり易くお勉強させていただいております。
    サークル会員になりたいのですが、入会の仕方がわからなくて、(年齢的なもので。)教えて頂けたら幸いです。

  • りりぃママさん、コメントありがとうございます!
    立て込んでいて返信が遅くなりました。
    もしかすると既にご加入いただいているかな?という気もしますが、念のためサークルのご案内です。

    noteのサークルリンクは以下のとおりで、加入は月会費がかかります。
    https://note.com/kinugyokutoan/circle

    多少難解さはあるかもしれませんが、
    算命学を既に学ばれだことがある方なら問題ないように思います。
    何十年も学ばれている方もご加入くださっているのですが、その方は復習としてご覧になったりしているそうです✨

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です