何かを成し遂げるために必要な「自分を明け渡す」ということ、陰陽論

人間というのは、
本質的な役割を果たすとか、何かを成し遂げるとかいうときには、
何か壮大な力ともいうべきものに自分を明け渡す、ということをしなければならないように思います。

自分の欲求がどうであれ、
自分の意図がどうであれ、
自分の目指すところが何であれ、

自分が何かルートのようなものに乗っかって、
そのルートに乗って進むその勢いが増し始めたなら、
それはまちがいなく、「自分を明け渡す」ということをするべきタイミングなのだろうと思います。

明け渡す先は、
神様か、宇宙の原理か、あるいは何か尊い大いなる存在か。

いずれにしても、何か自分が大きな流れの中に入ったならば、
自分よりも高次の存在・仕組み・力のようなものに、「明け渡す」ということが必要だろうというお話です。

これは、自転車に乗って坂道を走るときに、勢いを増していくそのプロセスにおいては自分でハンドルをコントロールするより、ハンドルをリリースして進むに任せる方が良いことを思い浮かべるとイメージしやすいのではないかと思います。

昨日、人間の在り方として「主体的、能動的」と「従属的、受動的」という書き方をしたのですが、
なんとなくそんなふうに書くといかにも「従属的、受動的」の分が悪い気がして別の表現はないかな、と探していました。
で、ぴったりの表現を安岡正篤先生のご著書に見つけたのでこちらに書いておこうと思います。

正岡先生はそのご著書で、

「宇宙も社会も人間も、みな大いなる調和、つまり大和(だいわ)から成り立っている。
東洋思想において、あらゆる実在は、
発現、分化、発展を本領とする陽の原理と、
統一調和、全体性、永遠性を本領とする陰の原理との、
陰陽相対性原理によって成立し、活動していると考えられている。

ところが、現代は分化を本領とする陽の原理、西洋的思考に偏しており、
それと相持つべき大和的思考、陰の原理がほとんど顧みられない。

その結果、人間がいたずらに外面に走り、利己主義的、物質主義的になり、社会も文化も雑駁なものに成り下がっている。」
※雑駁:知識・思想が雑然としていて、統一がないこと。

…と書いておられるのですが、
この文章をみれば、陰的、つまり「従属的、受動的」ということの本質的な意味、その尊さというのが伝わってくるような感じがするのですがどうでしょう。

そしてさらにいえば、
陰の原理を生きるということは、
冒頭で書いた「自分を明け渡す」ということと同義であることに気づきます。

ここで引用した正岡先生の文章におけるポイントは、
確かに陽的なものというのは、発展はするけれど分化をもたらし、
陰的なものというのは、従属的・受動的であったとしても、そこには統一調和や全体性、そしてその先に永続性があるという点です。

現代の西洋文化的思考においては、
発展の先に、つまり陽的なものの先に永続性があるかのように語られることが多いのですけれど、
これはこの世界における壮大なトラップともいえる誤解であり、
実際には、全体調和とその先における永続性を目指すならば、従属的・受動的思考が必要であるということなのだと思います。

こうしてみると、
その従う先、受け身になって主導権を渡す先ということの大切さ、というのを確かに感じ取ることができますし、

実際、世の中を見回してみれば、
本質的な役割を果たすとか、何かを成し遂げるとかいうときには、こういう態度(自分を明け渡すという態度)が単に必要であるのみならず、不可欠の要素であることに気づきます。

もちろん、「自分の力で何とかする」「自力で頑張る」というのは立派な在り方であり、素晴らしいとも思います。
また、そのプロセスから得られる何かというのも確かにあるとは思うのですが、

恐らくは、
自分を明け渡して果たせる役割や、成し遂げられる何かのほうが、
自分の力で何とかする、自力で頑張ることで果たせる役割や成し遂げられる何かよりもずっとスケールの大きなものになるだろうという気がします。

このあたり、従化五格の仕組みを思い起こせば確かになぁと思うところではないでしょうか。

いってみれば、
「自分」の成分が少ないからこそ、大きな成果を手にできる、ということで、
「自分」の成分が大きくなればなるほど、そのエネルギーの及ぼせる範囲は小さくなるあの感じと同じ仕組みが、
ここでも働いているということです。

陰陽というのは常に全きバランスを保って存在しています。
これはつまり、極大界においても極微界においても等しくバランスしているということであり、

それはつまり冒頭に書いた、
表立って活躍していこうとするならば(陽の活躍を目指すなら)、自分を何かに明け渡す(自分自身は陰に徹する)ことが必要だろうということにつながります。

この話は、先日、菅さんについて「半身の活躍」ということを書いたこととも同根のお話です。

9月三週目のマガジンを公開しました。

https://note.com/kinugyokutoan/m/mc325959df531

日付はサークルに投稿したときの日付です。
サークルへご加入された場合は、その日付で該当の投稿を探しやすくなっています。

⭐︎サークルへのご加入はこちら
https://note.com/kinugyokutoan/circle

⭐︎算命学において「精神性の向上」の必要性が説かれる理由

https://note.com/kinugyokutoan/n/nd5877c1c3335

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

2 件のコメント

  • 個人的にタイムリーな記事でありがたく読まさせていただきました。

    これまで我を通すこと、それによって切り開くんだと、大運貫索星の影響か幼いためか考えていましたが
    元々自我の薄い宿命であり、今回の記事は考えさせられたのと同時に
    自分が少し前から活動方針を変えたことにも後押しを受けるような記事でした。
    それによってその考え(ゲッターズ飯田さんのブログの影響も受けています)を推し進めてみようと思いました。
    大変、ありがとうございます。

  • 気になった質問としては

    1貫索星、石門星などの自我の星がある場合でもなるべく自我を抑えて影に回ったほうが良いのか

    2それは身弱的ありかたではないのか? ということです

    1は宿命的に自分を押し出していくあり方が望まれると思うのですが
    それでも自我を出す、委ねるが5:5、4:6とかなるべく明け渡す割合も多く含むのでしょうか。
    自我の星がないならば1:9とか2:8になると思われますし、そのほうが良いとおもうのですが
    いかがでしょうか。

    2は身強的生き方の場合はどう考えたらよろしいでしょうか?
    私自身、身強の星がなく(天貴星が一番強いのですが、エネルギーは高めでも、これはあり方としては導いてくれる存在が必要、つまり身弱的かなという解釈をしています)少し理解ができません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です