新型コロナ問題について考えたこと(私見です)

このところ「コロナ対策」の一環でキャンセルの連絡をいただいております。
皆さま「直前で申し訳ない」という趣旨のことを添えてくださるのですが、お気になさらずキャンセルされてくださいませ。
その時間は私にとっては勉強の時間になりますのでまったく問題ございません。
むしろ、気にさせてしまってこちらこそ申し訳ない限りです。

そんな中ではありますが、昨日もご相談にお見えになった方がおられ、その方から素敵な名前のネイルオイルをいただきました。

その名も『24:45(ニイヨンヨンゴ)』
眠る前にリラックスできる香りのネイルオイルでオーガニック素材で出来ているのでリップオイルなのにも使えるそう。
素敵なお菓子やバスソルトなど色々に選んで詰め込んだお礼と共に、健やかな夜を楽しめそうなお品をありがとうございました。

24:45。
これは時間を示しているわけですが、
東洋思想を学んでいると、
時間一つからいろんなものを導き出せるのが面白いなと思います。

24時45分といえば東洋思想では子の刻の終わり頃、学びが熟し極まる時間です。
また、色は黒(学びの水性は「青」ではなく「黒」です)。
凍てつく寒さの冬であり、方位は北、
奥の方に潜みつつ世の中を眺める位置。
本能は習得、学びを極めていくところですが、
24:45であればその極を超え、少しずつ開いていく、現実的なことにも向かい始める風情が感じられます。

そういえば、今年は子年なので、今年というテーマにもピタリとはまる時間ともいえますね。

さて、お越しくださる方もおられれば、「気になる情報」をお寄せくださる方もおられます。
昨日から考えているのはそのお寄せいただいた情報、ブログについてです。

そのブログの
『中国では、2020年になる前から「 2020年は何か不吉がことが続きそうだ」と話され続けていました。』
という冒頭から、
『その時の「王」が、宇宙の意志に従うことができず、間違いや欠点がある場合、宇宙は奇妙な方法で警告し、非難する。』
に至る内容が何を示すのか?
こちら:https://indeep.jp/what-will-happen-in-gengzi-year-2020/

庚子の今年、庚が変革を示し子がその始まりであるなら、始まる前に既存のものは壊れねばならないわけで、様々に破壊的な出来事が起こるのも当然の成り行きではありますが、
その破壊の先にある始まりとは何なのか?

ちょっと話は変わりますが、
世の中には「それを極めても仕方ない」みたいな仕事があります。
その仕事にしがみつくのは安定収入のためだけであって、その仕事を続けたところで成長もなく実りもなく、みたいな仕事です。
例えば…と書くのは憚られますが、初めて会った人に誇れないなら多分それはそういう類の仕事だろうと思います。

このところ、昨今の働き方改革、および年金受給年齢引き上げの影響で定年年齢が伸びている中で、「仕事にしがみつく」人の多さ、自分の生きがいや夢を先延ばしにする人の多さが気になっているのですが、
個人的に、今回のような「命の危機」を目の当たりにすると、
「自分の人生」をきちんと前向きに考える、
「自分の命」を有効に使う、
「生まれてきた役割」をこの世界で果たしていく、
「自分が生きた証」をこの世界に残していく、
ということを真剣に考える人が増えるのではないかと思っています。

私が自分の人生をきちんと生き始めたのは2001年の9.11がきっかけでした。
私のまわりには2011年の3.11をきっかけに人生を大きく方向転換した人がたくさんいます。
いずれもその大きな事件、災害により「命と向き合う」ことを促されたことの結果なわけですが、今回の件というのは、それらの大事件に寄っても変わらなかった人たちに突きつけられた「変化への引導」なのではないか?
…と感じているのですがいかがでしょうか。

引用したブログに話を戻せば、
「王」というのは一般的な見方をすれば例えば世界の覇権を握るトランプ大統領なり習近平首席、あるいは日本でいえば安倍首相であったりというふうにも読めるのですが、
人間は誰しもが己の身、己の人生の「王」であり、その「王」が自らの役目を忘れ日々の糧のために役割も志も省みることなく過ごしているとすれば、
その「王」に覚醒を促すべく広く「命の危機」が突きつけられている今の状況にもうなづけるものがあります。

もちろん、このような大きな出来事、命を落とされた方も多くおられる中でこのような指摘が「死者に鞭打つ」印象を与えたとすればお詫びをするところなのですが、
それでもなお、この事態の意味に思いを馳せれば、

この破壊の先にある始まりとは、
一人一人が「自分の人生の王である」という認識の始まり、
一人一人が己の人生を生き、その人生の意味役割を生きることの始まり、
なのではないかと強く感じています。

前回の庚子年はアフリカで奴隷のように支配されていた人たちが覚醒しました。
今回の庚子年は先進国で奴隷のように生きている人たちが覚醒する番である、ということなのではないか、ということです。

※私見です。気を悪くされた方がおられましたら、伏してお詫び申し上げます。

6 件のコメント

  • そうですね。今回のコロナに関しては地球規模で、これまでの庚子年よりも、受ける影響が圧倒的に大きく感じます。確率された治療実践に留まらず、未知の疾患に対して治療をどこまで推論していけるか、パラダイムを変換せざるを得ません。
    庚子年は個人的にも、もともと覚悟していた年でもありました。何が起こっても受け入れていこうと。私は大運が庚午で禄存、生日干支が丙午なんです。確かに今年に入って個人的なレベルですが、明らかな去年とは違う運勢の流れを感じています。不思議な程に禍から守られているのです。巻き込まれてもおかしくなかった局面で巻き込まれずに済み、これでもかという程、人々からの温情が寄せられてくるのです。金烏玉兎さんのおっしゃる、禄存は既存の世界を引き寄せるということを毎日体感しています。諦めて上手くいかなくてもよいとの覚悟とは裏腹の成り行きに、人智を越えたところで、天の采配、運勢、算命学があることを信じずにはいられません。社会情勢を鑑みて、そこと照らし合わせ、個人の運勢をどう生きるか、自分の心の声に従いながら、歩みたいと感じました。
    P.S. 東京にお住まいとのこと、どうかお身体に気を付けて、しっかりと予防されますように。

    • ひとみさん、コメントありがとうございます。
      禄存星大運が健やかに感じられるということは、それまでの人生をきちんと生きてこられたからだろうと思います。
      禄存星も良い面悪い面あり、良い面を体感できるということは陽転しているということだからです。

      庚子年、ドラスタックな変化を感じずにはいられませんね。
      普段は保守的で現状維持を主体する抵抗勢力も、こうした世界規模の厄災を前にすれば沈黙し従わざるを得ず、強制的に変化していく様子は不謹慎ながら圧巻とすら思います。
      その中で算命学という軸を手にできている私たちは幸せなのかもしれませんね。
      ぜひ今後も引き続き自身の星を大切にされますよう、応援しております。

      東京へのご配慮、ありがとうございます。
      住まいは川崎ですが東京勤務なので油断できませんが、ついに私の働く保守的な会社も一部自宅待機などが導入されました。
      なんとか乗り切っていきたいものですね。

  • ブログのように文字だけで伝えるとなると、表現の仕方に気を遣いますね…
    特に人の死に関わる記事なんかは。

    僕も引用されているブログを読んで、今年はやばいんやなー、って思ってましたが、自分の中の王を目覚めさせるための年なんや、というのは新たな知見です。

    奴隷のように生きている人たちが覚醒する、という言葉から連想したのが映画マトリックスの世界です。
    機械の支配により、マトリックスという仮想世界で奴隷になっている人間が目覚めるのは、今後の現実と重なるのかもしれません。
    この映画では運命というものは存在しないから自分で切り拓け、というスタンスですけどね。
    算命学とはちょっと異なる。

    思ったことをコメントしてしまいました。
    返信は不要です。
    コロナ気をつけてください。

    • ずん吉さん、コメントありがとうございます!
      マトリックス、私も大好きな映画で既に10回くらい観ています笑笑
      深い思想を感じますよね、キリスト教的なのでしょうか?
      ネオがoneのアナグラムで「I am」の尊さを描いた映画、と私は捉えています。
      今日、ちょうどその「I am」の大切さについてのことを書きました。星でいえば貫索星、石門星で、自己確立の大切さはこの星が教えてくれるように思います。

      その意味で、私たちはそれを促されている、というようにも思えますね。
      引き続きよろしくお願いいたします!

  • こんばんは、奈々先生

    いつもありがとうございます!
    算命学的では無いかも知れませんが、やはり自分の心の声をしっかりと受信する事なのかなと思いました。騙し騙しだとその場は凌げますが、結局星を消化出来ず下手すれば死をもって淘汰されるのでしょうね。リーマンショックの時も確か子年でした。あの時も考えさせられたはずです。今回同じ過ちを犯せば、リカバリーするのは並大抵では無いかも知れません。

    • のんちゃん、コメントありがとうございます!
      自分の心をきちんと受信する、大事ですよね。
      多分それも算命学が説くことの一つで、例えば貫索星や石門星というのはエゴの星といわれますが、天の気を自分ごととして受け取って生きていく=宿命の星を消化する、ともいえるように思います。

      逸れれば逸れるほど道は遠くなるので、早めに気付くことも大切ですね。
      引き続きよろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です