結婚すると運命がわかります。

結婚すると運命が変わります。
子供が生まれても、運命が変わります。

陽占の星を読んでいると、
親との縁がないとか、配偶者との縁がない、あるいは、家庭に波乱が起きるなどという星の意味があるのですが、
それは一方で「親を亡くす」とか「配偶者を亡くす」などという意味であったりして、
そういう星を持つ人と結婚したり、そういう星を持つ子供が生まれると、本来の運が動いて寿命に影響する、いうことでもあります。

宿命中殺を持っていると、いろいろとハードルが増えるのですが(表現が適切ではないかもですが)
宿命中殺のある女性が結婚して専業主婦になると、その中殺現象は社会で働く夫に出ます。
「結婚してなんだか精神的に楽になった」という話の背景には、実はそんな事象があったりします。
大企業で生月中殺を持ちながら働くのはけっこうたいへんで、旦那さんはさぞや苦労しているだろうと思ったりします。

もっともそんなことはとても説明することはできないし、もちろん伝えたことも伝えることもないですが、

それでも、
身内の状況などを精緻に見ていったりすると、それが確かなことだと分かります。

「自然」というのは人間の及ばない力で動いていて、その運命もまた同じように人間の力は及ばない。
その及ばない「自然の力」の法則が算命学なわけですが、非情にして精緻。

とはいえ、何事にも陰陽があり表裏があり利点と不利点があるわけで、
それを丁寧にタイミングをはかりながら上手に消化していけば、何事も光らせることができるので、
何が良くて何が悪いかなどということは言えないわけです。

ただ、それを「知っておく」ことで頑張れる強い人と、「知ってしまう」ことで折れてしまう弱い人がいるのも事実。
そもそもですが、弱い人は「知っても認めない」という反応をすることのほうが多かったりもします。
算命学は弱い人が学ぶとよろしくないだろうと思ったりしました。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です