原典算命学体系 メモ

人はみな、日一日と死の世界へ向かいつつ歩む。
その行程を人生と呼び、人生街道へ横たう情景を運命と呼ぶ。
ゆえに、如何に生き、如何に死ぬかを考えることこそ人として生まれた者にのみ与えられた生きることへの課題である。
しかし、それを眺めている観客こそ神であることを忘れてはならない。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です