28元を知って干支の情景をイメージする

28元について質問があったので補足です。
28元は蔵干ともいい、十二支の中に含まれている十干のことです。
全部で28個あるので28元というそうです。

子の中には癸があります。
丑の中には癸、辛、己があります。
寅の中には戊、丙、甲があります。
卯の中には乙があります。
辰の中には乙、癸、戊があります。
巳の中には戊、庚、丙があります。
午の中には己、丁があります。
未の中には丁、乙、己があります。
申の中には戊、壬、庚があります。
酉の中には辛があります。
戌の中には辛、丁、戊があります。
亥の中には甲、壬があります。
(生まれた日によってどの干が強く出るかが変わります)

甲は大木、乙は草花、丙は太陽、丁は焚火や灯火、戊は山、己は人のいる平地、庚は鋼、辛は宝石、壬は海、癸は雨や小川、として、
それぞれの十二支毎にイメージ図やストーリーを作ると覚えやすいです。

十干の組み合わせでイメージ図やストーリーをつくることに慣れると、
人に会ったときの相手の干支や
年運や月運などでめぐる干支をイメージすることができるようになるので、
そこに何をプラスすれば心地よく効果的なものになるのかが分かるようになります。
そうした結果を見て、
風水などを自分に合うように工夫することもできるようになります。

十二支には時間や季節の意味もあるので、その時間感覚や季節感を織り込んで、その情景をイメージするとよいです。

以下ご参考。

子 12月、冬、北、午後11時から午前1時
丑 1月、冬、北北東、午前1時から午前3時
寅 2月、春、東北東、午前3時から午前5時
卯 3月、東、春、午前5時から午前7時
辰 4月、東南東、春、午前7時から午前9時
巳 5月、南南東、夏、午前9時から午前11時
午 6月、南、夏、午前11時から午後1時
未 7月、南南西、夏、午後1時から午後3時
申 8月、西南西、秋、午後3時から午後5時
酉 9月、西、秋、午後5時から午後7時
戌 10月、西北西、秋、午後7時から午後9時
亥 11月、北北西、冬、午後9時から午後11時

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です