人生の完成度と目指す場所

何事であれ、7割くらいの完成度、達成度であれば、
宿命から逸れていても、
才能がなくても、
まぁ到達することはできます。

 

しかし、8割、9割、10割、そしてその先のオリジナリティということになると、
やはり宿命に添い、才能の支えがなければ到達できません。

 

達成度の低い人に囲まれて過ごしていると、自分の達成度が低いことに気づかないものですが、
達成度、完成度の高い人たちの中に入ると明確に「足りていない」ことに気づきます。

 

人生において、
「良いものに触れましょう」
ということが言われますが、
良いものに触れ続けていると、
自分の達成度がよく分かりますし、
自分が目指すべき場所も、よく分かるようになります。

 

早い段階で自分の道に気づき、
人生を効率的に生きようとするなら、
「良いもの」
「完成度の高いもの」
そうしたものを生み出す人、
そうしたものを追求している人、
というのに、
万難を排して接するようにする必要があるだろうと思います。

 

すべてがすべて、
完成度の高いものである必要はありませんが、
少なくとも自分が目指す道に関する限りは、
一流のものを選び続けるのが、
最も効率的で最短距離、
だろうと思います。

 

「完成度」というと、完璧を目指すのが良いように聞こえそうですが、
目指すところは「自分独自の完成度」です。

 

自分を取り巻く世界は、
自分の命式の相似形で出来ています。
自分の命式の相似形の世界で命式は最も輝く、という言い方もできます。
そうした自分の命式の相似形が完成形であり、目指す場所はそこです。

 

人は、
自分の命式の相似形の世界は看破することができるので、
その相似形の世界における役割を担うと、他の追随を許さない活躍をすることができます。

 

完全格の人は、完全性を目指すべき人で、
完全格なのに不完全なもので妥協していると、不完全な格の人にも劣る存在に成り果てます。
「そこまで拘らなくても」
「みんながみんな完璧ではないのだし」
というような言葉を間に受けてはいけない人です。

 

破格の人は、破格の箇所を立て直すべき人です。
自分の持つ破格の箇所の本質を看破できる人なので、その破格の部分を立て直す方法を本能的に知っています。
格の破れを知る者として、
そこを再建することに取り組むと、見事に活躍することができます。
破格の場所と関係のないところで頑張っても、空回りしがちであったりもします。
破格に取り組んでこそ活きる人といえます。

 

分かりやすいので完全格と破格をサンプルとして挙げましたが、
支合などはある種の合理主義があるべき姿ですし、
半会は世界を広げていくことに役割がある、といったふうに、
自分の命式が活きる場所で自分の命式を完成させていく生き方が、目指す場所、ということになります。

 

昨日は尊敬する女性にお誘いいただいて、人生初の宝塚を楽しんで参りました。

超一流のエンターテイメント、

本物のプロフェッショナル。

色んなことを考えさせられました。

f:id:kinugyokutoan:20190520183210j:image f:id:kinugyokutoan:20190520183215j:image
Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

4 件のコメント

  • コメント失礼します。
    相似形の世界というのがイマイチ分かりません。
    例えばどうもあの世界には縁がなくその世界とばかり縁がある。
    その世界のことはなんとなく理解できる。(スキルは今は低くてもすぐに習得できるとか、妙に合う)
    そういう解釈でよろしいでしょうか?

  • みくにさん、こんばんは!
    「相似形の世界」というのは、パターンや型が同じであることを指して書いています。
    例えば、位相法というのは12年周期でパターンが繰り返し起こりますが(納音とか律音とかそういうのも混ざりますが、基本的にパターンですね)、そういう同じパターンが人や環境を変えて起こる世界をもって「相似形の世界」と書いている次第です。

  •  返信ありがとうございます^_^
     なるほど、パターンや形が同じですか。
    とすると位相法や環境からみて、どうも同じように縁がない。弾かれるということが繰り返し起こるということも考えられますね、、、

  • みくにさん
    そうですね。「同じように弾かれる」というのは相性なので仕方ないかもしれません。
    相性というのもパターン、相似の一つと思います。
    ありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です