東方の車騎星の正義

このところ、
自分的「正義」に基づいて、多少攻撃的なことをせっせと書き連ねていたところ、
軟調だったブログのPVが5割増になって驚きました。

具体的には、
こういう状況において鼻出しマスクで有人イベントをしているひと、
こういう時期にリアル対面ありのイベントの集客・宣伝を嬉々としてしているひと、
さらにはそれが行政主導のイベントであること、
…について、

それがいかにハタ迷惑か?
いかに自己顕示的で自分勝手な行動か?

…ということについて、
「自分的正義」の観点から、手を替え品を替え書き連ねていたのですが、
そういうテーマで書きはじめたあたりから、
プログのPVが5割増になりました、というお話。

ちなみに、
最近はぬるいことしか書いていなかったこともあり、だいたい5000PV/日くらいで推移していたのが、
がっつり攻撃に転じたら、7500PV/日にジャンプアップして、なるほど、と思った次第。

なぜ「なるほど」と思ったかといえば、
やはり星に応じるとビビッドに反応が現れるものだな、ということが感じられたためです。

具体的には、
私は東方が車騎星なのですが、

車騎星というのは体制にくみしない、大勢に迎合しない「全き正義」の星。
ときに体制派には「勝手な正義」とののしられ、
空気を読んで自分を抑えているような人には眉を顰められるような正義の標榜の仕方をする星であり、
そうはいっても自分の全き正義を掲げて邁進することをもって本義である星。

そういう在り方をがっつり実践したら、
ビビッドに反応が現れておもしろいなと思った次第。

東方の星というのはそれを光らせることで、評価され、存在感を発揮し、名を上げて、さらにはそれがお金になっていく星です。

つまり、東方の星らしくない在り方、
例えば空気を読むとかみんなで和気藹々とするとか、そういう在り方では、

どれだけ半径50mの人に好かれたとしても、
それをもって本質的な評価になることはなく、
その先において本質的な意味でお金を稼ぐこともできませんよ、ということで、

車騎星が東方なら、
「自分の正義」を信じて掲げて戦うことが役割であり、
そうやって自分の正義をもって邁進すること以外に本当の意味で「生きる」方法はないというお話です。

ちなみに、
これがFacebookのほうになると、
大して「いいね!」がつかないのですが、

そもそも車騎星を含め、龍高星、調舒星といった三奇星というのは、
身近な人、顔を知っているような関係にある人の評価など求めては陰転する星、
身の回りの人に応援されたところで、それがメシのタネになることはない星なので、

クローズドなFacebookなどで、100も200も知り合いからの「いいね!」がつくようでは、
そもそも本質を損なっていることを疑った方が良いでしょう。

そもそも、
三奇星が東方にあるような人が、
半径50mの世界でまわりの人に合わせつつ、迎合して仲良くしたところで、
「仲良く」はしているように見えても、本質的評価されているわけではないことが大半で、
本当の意味で有意義な関係を築くこともできないだろうと思います。

なんといっても、
奇人変人の星ですからね。
このあたりは中殺があるような人も同様と思います。

ちなみに、
昨日は西方車騎星の親しい友人に、
そのハタ迷惑な人たちの悪口をコンコンと言う、
ということをやりました。

その方の車騎星は西方なので、
半径50mの人たちともうまくやります、やれます。
一方で、私のような西方よりの人間の正義や正義に基づく攻撃にも理解があります。

なぜダイレクトにそれを言わないのか?
その正義を掲げてリアルに戦わないのか?
…といえば、
支える従星が身弱の星なので、リアルに戦うのは得策ではないためです。

身弱の有効な戦い方のというのは、
たて線的な戦い方だろうと思います。

⭐︎2021年1月三週目分のマガジンを公開しました⛄️
https://note.com/kinugyokutoan/m/m8ae7bf03c73c
十二大従星の理解が進む内容などに触れています。

⭐︎2021年1月二週目のマガジン📚
https://note.com/kinugyokutoan/m/m9e0e14686ec1
コロナ禍下における商売の方法などを学理の観点から書いたりしています。

⭐︎八相局についてまとまってます。
https://note.com/kinugyokutoan/m/m4a084ee983f9

⭐︎2020年4月公開分(統合版)
https://note.com/kinugyokutoan/m/m9bf267619763

⭐︎サークルへのご参加も歓迎しています📚読む専もOKです。
https://note.com/kinugyokutoan/circle

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です