小学校時代の成績

小学校時代に成績が良い子、というのは、かなりの割合で高校くらいになると成績が落ちてしまうそうです。
なので、小学校でとても成績が良いなら、大学まで付属で上がれる学校に中学受験で入ってしまったほうがよいよう。

と、それは星が弱い子供の場合で、
星が強い場合は長くよい成績を維持できたりもします。

親と同じ星をバランスよく持っていると伸びがよく、家族の中で重なる星がないと様々に試練があったりします。

多くの場合、星は親から子へ、子から孫へ遺伝します。
親から受け継いだ星を生かすことができる場合は伸びが早いし、
親からの遺伝ではない星の場合は一から構築するので時間がかかります。
時間がかかったとしても、
親には予想もできなかったような光り方をすることもあり、
どちらが良いとは言い切れず、どちらにも良さがあります。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です