土屋太鳳ちゃん姉弟にみる家系の継承・不継承と成功 ※閲覧注意

※世の中のシビアな仕組みについて触れていますのでご注意ください。

 

土屋太鳳ちゃんのお姉さんがミス・ジャパンの東京代表に選ばれて芸能界入りかも?
というニュースを見ながら、
太鳳ちゃんの弟が有名な声優ということを考えると、3人揃って活躍するってすごいな、と思っていました。

 

家系は樹なので、
なかなか、みんながみんな活躍する、
ということにはなりません。

 

少し前に、
太鳳ちゃんの名前がちょっと神がかり的だな、
と思ってその由来をちょっとネットでぐぐったら、
文字通り夢のお告げ、神さまのお告げだったと読みましたが、

 

弟の神葉くんの名前とか、
お姉さんの炎伽ちゃんの名前も、
何か神がかり的な理由がありそうな感じです。

 

そんな風に、
夢のお告げを信じるようなご両親はどんな人なんだろう?
と思っていたら、

 

「私の父と母は、夢を分かりやすくはつかめなかったんです。
父は家の事情で、母は別の事情で、挫折というよりもっと、心の傷に近いのかなと思います。
そして、とても苦労して私達を育ててくれました。」

 

と、太鳳ちゃんがブログに書いていました。

 

それで納得、
この三姉弟は、ご両親の「犠牲」によって、名を成していくんだな、
と腹落ちしました。

 

土屋太鳳ちゃんは戊亥天中殺、
神葉くんも戊亥天中殺で、
家系を継承しない人たちです。

 

炎伽ちゃんは申酉天中殺で継承運ですが、全中殺(年月日すべて中殺+日座中殺)なので、
やはり家系を継承しません。

 

「家系」というと、
血統のように捉えるのが一般的ですが、
算命学的には「家業」とか「家風」のことを指すのだろうと思います。

 

子供が3人とも家系を継承しない運勢を持っているところから察するに、
親御さんは駆け落ちのような形で、両親の反対を押し切ってご結婚されたように思われます。

 

※親の結婚の経緯やカタチは子供の天中殺に反映します。
親の反対を押して結婚すれば、継承運の子供は生まれないし、天中殺期間中に結婚すると、第一子は宿命中殺を持って生まれます。

 

親の反対を押し切って結婚しても、
その後親の庇護を受けたり、経済的な援助や相続で財産分与を受けたりすると、
運勢はその瞬間から下降線をたどるといわれます。

 

これは、
結婚に際し、
親の反対を押し切って結婚したという本人たちの「初志」、
この結婚を反対したという親の「初志」が貫徹されなかったことにより、
家系の運勢が翳るためです。

 

しかし、
この3人のご両親は、
「とても苦労して育ててくれた」
とあるので、
恐らくその初志を貫いてお子様を育ててこられたのだろうと思います。

 

そういう生き方、
初志を貫徹する生き方をした夫婦は、
たとえその本人の代で成功することがなかったとしても、
子供の代で発展するといわれます。

 

教科書で読んで知ってはいましたが、
この土屋太鳳ちゃんのご両親と三姉弟の事例はまさに教科書どおりです。

 

これからのこの三姉弟のご活躍を心より応援したいと思います。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です