「天狗になるほどうまくいく」という経験も大事

己を虚しくして、
あらゆる人生の経験をなめ尽くす。

艱難辛苦、喜怒哀楽、利害得失、栄枯盛衰。
そうしたことを勇敢に体験することこそが人物を創る。

…とは、安岡正篤先生の言葉ですが、
この言葉について、
人生においては不遇の時代を過ごすのも大事である、という意味だけをくみ取るのでは不足があるのだろうと思います。

つまり、艱難辛苦、喜怒哀楽、利害得失、栄枯盛衰を経験する、ということは、
当然に、不遇の時期やら困難の経験、損をするとか衰退するとかいう経験も大事ではあるのですけれど、
一方で、天狗になるほどうまくいくとか、大きな利益を上げて栄華を極めるとかいう経験も、同様に大事なのだろうというお話です。

人生を長く生きた方などが、
ときどき、若い人に対して、
失敗を避け、困難に背を向けて、効率的で成果の見えやすい道を歩むことを志向するのは良くないことだということをおっしゃったりしますが、

実際のところを言えば、
良い時期も悪い時期も、ポジティブもネガティブも、天国も地獄も、
つまりあらゆることの二極を経験することこそが大事なのだろうと思います。

もちろん、
困難を避け、効率的でラクな道ばかりをいけば足腰が鍛えれることなく軽量級の人物となり、
一方で、艱難辛苦を経験したことがある人のほうが、厚みのある、太い人物となって豊かな恵みを世の中にもたらすことができるものではありますが、
そもそも、艱難辛苦しか経験したことがなければ、いざというときにどうやって発展や栄華というものを実現していいか分からない、ということもまたありますね。

これを言い換えれば、
自分の本質的な能力や才能というものを大いに活用して成功した経験が必要であるのと同じほどに、
自分の本質的な能力や才能ではないことでは不成功に終わることの経験が必要であるということであり、

つまりは、
自分が活きる環境・活きない環境というものがあることを知ることと併せて、
活きる環境においてどう自分を遺憾なく発揮するか、というその在り方を経験しておくことが不可欠である、
…ということだろうと思います。

人生において、五年、十年、ときに二十年くらい、不遇の時代を過ごすというのも悪いことではないだろうと思います。
けれど、その不遇の時代をもって何かの逃げ場にしてしまってはいけないのだろうと思います。
当たり前ですが。

何事も、本質的に意味のあることを目指すその道筋というのは、安直で平易な道程とはなり得ないもので、
必ず直面することになる障害やら、進むほどに出てくる横やりやらが登場するのが常ですけれど、
厚みのある太い人物というのはそういう場合においても、慌てず動じず、泰然自若としてそれを乗り越えるとかうまく活用するとかいうことができるものであります。

『マトリックス』という映画に出てくる「エージェントスミス」というのは、
ネオをはじめとする人間が、何かを目指す意図をもった途端にわらわらと、獲物に群がる蟻のように登場しますけれど、
あれは実は、易経にある変化の本質を描いたものであり、
人間が何か意味のあることをしようと志を立てるとか、本質的に意味のあることを成そうという意図を固めるなどすると、
そういう障害となる人物やら出来事やらがわらわらと出てきて、その本気度を試される、ということが起こります。

つまり、本気で何かをしようと思えば、思い立てば、
必ず障害は起こる、登場するものなので、
それを乗り越えるために、不遇の時代、困難の経験によって人間としての厚みや太さを養っておくというのは大いに意味のあることではあるのですけれど、

一方で、その障害を乗り越えた先において何をするか、どうそれを実現するのか、という段になれば、
当然に、成功体験、発展や栄華といったものを実現した経験というのが不可欠であろうと思います。

困難を乗り越えることや目標を達成することよりも、成功や発展、栄華といったものを扱うこと、維持することのほうが実は難しいもの。

そのことを念頭に置けば、
少しずつでも成功体験にチャレンジする、ということの大切さ、
不遇やら困難やらにばかりかまけている場合ではない、ということが良く分かるだろうと思います。

社会的な意味で成功する、世の中に出る、しっかり社会に参加していく、ということのキーは東方の星です。

…ということで、私も今年は「東方の星の使い方」についてしっかり試行錯誤しながら取り組んでみようと思います。
それでもって、天狗になるほどうまくいく、という経験に挑戦してみたいと思います笑

2021年1月一週目分のマガジンを公開しました🎍⛩🎌
数理法の総合指数の捉え方、害が病気を引き起こすその仕組みなど書いています。
https://note.com/kinugyokutoan/m/mda847fa51a80

⭐︎八相局についてまとまってます。
https://note.com/kinugyokutoan/m/m4a084ee983f9

⭐︎2020年4月公開分(統合版)
https://note.com/kinugyokutoan/m/m9bf267619763

⭐︎サークルへのご参加も歓迎しています📚読む専もOKです。
https://note.com/kinugyokutoan/circle

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です