ルーティンの大切さと、「自分に合ったルーティン」を見つけることのすすめ

ルーティンというのは、
北天運の人にとってはなんとも退屈に感じられるものです。
…けれどルーティンというのは案外といろんなものを盤石にしてくれるものでもあります。

前に「繰り返すことが徳をつける」ということを書いたことがありますが、
何事も、繰り返し、積み重ね、長い歴史を紡いでいくことができれば、
自らの足場を盤石にし、生きる世界の確かさを感じられるようになり、さらには身の回りの人や出来事を確りと捉えられるようになります。

これは、とりわけ陰占において日干が土性だとか、土性が多いような命式の人において顕著であるかもしれません。
…が、そうでなくても、

例えば、始めて通ったときには気づかなかったものに、二度目に通ったときには気づく、
二度目に通ったときには思いつかなかったようなことを、三度目に通ったときには思いつく…といった具合で、
同じことをしていても、繰り返すことで様々な気づきや知恵が生まれるもの。

受験勉強などでも、
たくさんの問題集を一度ずつやるより、一冊の問題集を擦り切れるまでやりなさい、といわれたりしますが、

拙速に、変化や成長に向かうよりも、同じ場所で同じことを繰り返すことに寄って盤石さが増し、
「確実な成長」に向けての潜在力が育まれる、ということも往々にしてあるように思います。

私は、はてなブログを2018年の10月に始め、
今のブログに移したのが今年の2月、そしてnoteをはじめたのが今年の3月ですが、
以来、けっこう「ルーティン」なことをせっせと繰り返す日々を過ごしています。

北天運なので、こういうルーティンは必ずしも得意ではないのですが、
それでも、その「ルーティン」のためにあれこれ学んだり、掘り下げたりするという勉強をする、そのことが刺激になり、
結果としてストレスなくルーティンが積み上げられていることことを考えると、
「ルーティン」というのも、工夫次第で誰にでも取り入れられるものなのだろうと思います。

実際、そうやって学びを日々少しずつでも継続することは、
算命学の理解が奥行き深くなるのにつながるのはもちろんですが、
それ以外のモノの視点や考え方の安定感、その先において生活や精神の安定感につながっていていることを感じます。

「継続は力なり」という言葉を授けてくれたのは高校時代にお世話になった英語の先生ですが、
ルーティンを継続することの大切さを教えてくださったこの先生には感謝してもしきれません。

さて、私はそういうやり方でせっせと継続し、ルーティンをつくって安定感を得ているわけですが、
例えばルーティンが作りにくい要素が多い宿命の場合にもそれは有効なのか?

…といえば、それでもルーティンは大事だろうと私は考えます。

もちろん、陽占の星に水性の星が多いような人は、決まりきったことを習慣的にただただ繰り返す、などというルーティンには不向きですし、
中殺があるような人にとって変化のいない一本道を構成するようなルーティンは公卿以外の何物でもないだろうと思います。

けれど、人生において有意のことをしている人というのは、
一人の例外もなく、ルーティンの先にその何かを成し遂げていることをみれば、
ルーティンなしには有意のことは成し得ない、ということが分かりますね。

物事がカタチを得て認知され、それが有効に世の中に広がっていく、ということには、どうしたって物理的な時間がかかるものです。
ということは、少なくともそれに必要な物理的な時間分のルーティンは必要である、ということです。

水性の星があるならあるなりの、中殺があるなら中殺があるなりのルーティンをつくればいいのだろうと思います。

海外ドラマ『ブラックリスト』においてレディントンが、
リズと共に数カ月に及ぶ激動の逃亡生活を送った数日後に、休むことなく次のターゲットに向かうそのことを、
「私は20年間そういう生活をしている。」…といっていましたが、

ルーティンというのは必ずしも単調で平たい習慣の連続とは限りません。
毎週住む場所を変えるとか、毎年転職する、というのにしたって、それを何年も、何十年も続けるならルーティンであるわけです。

つまり、「自分に合ったルーティン」というのがあるので、それを続けていけばよいだけのお話。
ぜひ、「自分に合った」ルーティンを見つけ、それを継続的に繰り返すことで、「ルーティン」の威力と素晴らしさを見つけられますよう。

私も、来年の目標設定にあたり「ルーティン」の追加・見直しに取り組んでいます。

⭐︎12月二週目のマガジンを公開しました。
九品仏の紅葉が見事だったのでその写真です🍁
https://note.com/kinugyokutoan/m/m4a084ee983f9

⭐︎2020年12月一週目のマガジン🎄
https://note.com/kinugyokutoan/m/m793a7106f734

⭐︎2020年6月公開分(統合版)
https://note.com/kinugyokutoan/m/mf542b913af8d

⭐︎サークルへのご参加も歓迎しています📚読む専もOKです。
https://note.com/kinugyokutoan/circle

算命学を担う上での心構えともいうべき言葉をいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です