別離によって飛躍する 西方の三大奇星は不幸なのか?

世の中、
何か別離を経験するたびにどんどん成長する人というのがいます。

引っ越すたびにステップアップする、
学校が変わるたびにレベルアップする、
恋人や配偶者と別れるたびに飛躍する。

「成長」という言葉の範囲は様々ですが、
人と離れる、分れることによって、人間として大きくスケールアップしていく人というのがけっこういる、というお話です。

どういう人がそのタイプに該当するかは noteのほうにその事例をいくつか書いているのでそちらをご覧いただきたいのですが、
私はダブル?トリプル?でそういう要素を持っていることもあり、「別離」に対して前向きです。

引っ越すたびに付き合う人のレベルが上がる、
学校が変わるたびに、自分を取り巻く人のレベルが上がる、
友人と絶交するたびに、自分の世界が大きく広がる、
恋人と別れるたびに、ステータスアップする、
…ということを経験してきているので、

若いころはしんどく苦しく耐えがたいように思えた「別離」も、最近は少し心が波立つくらいで、それに後ろ髪をひかれることなく前に進んでいけるようになりました。
よって、
人と縁を切る、絶交する、別れる、ということに対して、ほとんど躊躇することがありません。

さらにいえば、調舒星などあると、美意識に悖る友人関係を維持するよりは、独りでいるほうが生産的であり健やかであると感じるもので、
無理をして人間関係を維持するということもありません。

ちなみに、
友人関係の“終わり”における私のジャッジのポイントは調舒星にあります。

私の場合、西方に調舒星があるのですが、西方というのは結果の場所・現実のゴールの場所。
つまり、「友人関係の“終わり“」において発動するのはこの調舒星である、ということです。

これを言い換えれば、
その星の美意識にやる人間関係というのは、
終わらせねばならない。という言い方もできるのかもしれません。

なお、こうした「別離」について、
自分でも、「さみしくなるなあ」と思うことがあるのですが、実際にその「別離」が実現すると、すっきり感のほうが強く、
さらにいえば、そこにできた空間には、「より美意識に沿う良いもの」や「より美意識を刺激される素敵な人」が、割とすぐにやってくるように思います。

「心を許せる」「信頼できる」、そういう存在が西方でもあり、
その意味では、ある程度親しく付き合いたい相手というのは、調舒星的な、美意識を刺激される、美意識に適う存在であってほしいという思いもあります。

西方とはそういう場所。

話は変わりますが、三大奇星というのがあって、
調舒星・車騎星・龍高星の三つがそれなのですが、
これらが西方にあると、占い師さんによっては顔を曇らせて「気の毒に」といわれたりします。

調舒星は上記のような感じなので、「ふつう」にはちょっと寂しいと思う人がいそうですし、
車騎星は物事の結果において戦いに向かう、終わりなき闘争に向かうという要素を持ちます。
龍高星は創造性の先においてそれに満足することなく破壊するとか、人生の後半において放浪に向かうとかいう姿となっていく。

つまり、これらの三大奇屋には、「終わり」というものに望まれる落ち着きがまるでないことから他人視点では「気の毒」ということになるのですが、
これはあくまで他人視点での評価であって、当の本人は、むしろその「他人からは気の毒」に思われるその姿をもって至上の喜びを感じている、ということは覚えておいた方が良いだろうと思います。

西方にこれらの三大奇性を持つ人は、世間一般の常識にとらわれた「幸せ」というものに拘らないほうが良いということでもあります。

7月五週目のマガジンを公開しました📚

1投稿500円×10本のマガジンが2500円です。
日付はサークルに投稿したときの日付です。
サークルへご加入された場合は、その日付で該当の投稿を探しやすくなっています。

https://note.com/kinugyokutoan/m/m3b1c31a6c4da

サークルへのご加入はこちら。
https://note.com/kinugyokutoan/circle

破運からのスタートの話
https://note.com/kinugyokutoan/n/nb1cd2ef4a494

「生月中殺のある人の陽転に向かう仕組み」ですが生年中殺にも応用できます
https://note.com/kinugyokutoan/n/nefc29f7f8dce

※コメントバックが遅れていてすみません。
今週末までにやります!

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

4 件のコメント

  • お久しぶりです。
    私も金烏さんと同じく西方に調舒星があり、しかも東方にある車騎星と牽牛星とは天戦地沖の関係なので
    今回書かれている事はとても痛感します。私の人生、創造と破壊、スクラップ&ビルドの繰り返しで
    それが自分の中では当たり前になっている。本音は中心の玉堂星と禄存星、天禄星の共通要素である
    常識、平和、安定を望みながらも現実は調舒星と車騎星、天報星と天将星の共通要素の動乱生活。
    人間関係も付いては離れ、離れては新しい人間関係が出来、また離れるの繰り返し。
    若い頃は疲れるなと思ってたものが最近はそんな生活を楽しんでる自分がいます。(笑)

    • 紅虎さん、こんばんは。お久しぶりです!
      破壊条件があると、破壊からスタートすることってありますよね。
      「創造と破壊、スクラップ&ビルドの繰り返しでそれが自分の中では当たり前になっている」、私もです笑
      それにしても、紅虎さんの、玉堂星・禄存星・天禄星という星を持ちつつの動乱生活、というのはちょっと面白いな、と思います。
      交互に現れる、シチュエーションによって変わる、ということがありそうですがどうでしょうか。

      • おはようございます。返信ありがとうございます。
        交互に現れ、シチュエーションによって変わる、は正におっしゃる通りですね。
        若い頃は融通が利かず、それが苦痛に感じたものですが、今は楽しんでいる自分がいる。
        変化を求めぬ安定志向から変化を求める正反対の志向へ・・・。
        今の生活に満足してないって事なんでしょうかね?(笑)

        • 紅虎さん、ご無沙汰しております。
          「若い頃は融通が利かず、それが苦痛に感じたものですが、今は楽しんでいる自分がいる。」というのは、多くの場合、三旬、四旬を過ぎてくると、知恵をつけ、処世術を身につける、つまり「慣れる」ことができるからかな、と思いますがどうでしょうか。
          初旬、二旬というのは、何かとダイレクトなインパクトがありますけれど、それを過ぎて、自分でお金を稼ぎ、自分で生きる場所を選択できるようになると、良くも悪くもそこで生きることが出来るようになるように思います。
          時間の経過とともに、いろいろと変わるものがあるな、と思いますがどうでしょう。

          いつもありがとうございます。
          引き続きよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です