青龍型と白虎型 守りと攻めの誤解について考える

昨日は、騰蛇型についたので、他の型にも触れておこうと思います。

青龍型というのは東方の数値が高い人ですけれど、
東方といえば商売人、個人商売に向く、といわれたりしますね。

東方って守備本能なのに?
と思うところですが、徹底的に守る、自分の権利を守る、自分の財を守るからこそ商売ができるのであって、
そもそも白虎型などだとなかなか「商売」ということにはなりにくいように思います。

ラーメン屋の頑固親父なのか、口八丁手八丁の八百屋の店主なのかは別にして、
商売を続けていくにはそういう「守る」ということが大事です。
そして、「守る」ということのためには、こずるくもなるのがこの型です。

その意味で、陽転している騰蛇型に次いで財をなせるのはこの型。
陰転している騰蛇型と比較すれば、なんとなくですが、陰転している青龍型のほうがまだ生活安定度(収入安定度)はあるのではないでしょうか。

ちなみに、このあたりの東方のエネルギーは、劫局をみると理解しやすいように思います。
劫局というのは、人体星図の十大主星が貫索星か石門星だけで構成されている局ですが、
「悪知恵が働く、策略の星、腹黒い」などといわれる劫局ですが、それもこれも、ひとえに「守る」ということのための手段。
つまり、際立つ青龍型の人というのは、そういう劫局のような要素があるように思います。

一方西方の数値が高い人というのは白虎型ですけれど、
白虎型というのは、一匹狼とか、まわりに厳しくされると伸びる、とかいわれます。
これはなぜかといえば、西方というのは、攻撃本能の場所にあり、攻撃本能とはそういう「一匹狼」の質を持ち、叱咤激励されることで発揮されるものなからです。
「攻撃本能」というのを多くの人が誤解していると思うのですが、攻撃本能というのは、自分のためには発揮できないものです。

そもそもですが、人間が「自分のために攻撃する」という本能をもっていたとしたら、今頃人類は滅びています。
「正義のため」「大義のため」、人のためになされるのが算命学でいうところの「攻撃」で、
自分のためではなく、他人のため、あるいは他人に突き動かされて動くから、その対象が尖鋭化するのです。

白虎型というのは、スペシャリスト、特殊技能をもって活躍するといわれますが、
これは、自分の意図・意志のエネルギーであれば自分で判断するので多彩な多岐にわたる物事に気持ちや力を向けることができるのに対して、
「他人に突き動かされる」エネルギーは「自分の判断」を持たないために、そのエネルギーの対象が特定の分野にしか及ばないことによります。

ちょっと考えれば分かると思いますが、
例えば「宝石を売る」ということをするときに、
それが自分のためであれば、いろんな工夫をし、思いが及び限りの様々な用途を想定しながら、いろんな人に売りに行きますが、
それが誰かの指示である場合には、売りに行く相手や用途というのは、その誰かの指示に従うことになりますね。
白虎型のエネルギーをシンプルにいうなら、そんな「誰かの指示で動く」エネルギーです。

白虎型は持久力がないといわれたりしますが、これは白虎型にとっては救いです。
なぜなら、他人のために全力でエネルギーを使い、どこまでも持久力をもって他人のために尽くしてしまったら、自分の生存が危ぶまれるからです。

こうした八門法の数値からみる運型というのは、自分が社会においてどう動くか、何を目指し、何をもって生きるか、ということを考えるときにはとても重要です。
なお、こうした運型というのは、ある程度際立った数値の差がなければ、あまり意識する必要はありません。

※気図法・八門法についてサークルで書いていたのですが、ちょっと難解で分かりません、という方がおられたため、「簡単バージョン」をこちらに書きました。
詳細バージョンに興味がある方は、サークルへどうぞ:https://note.com/kinugyokutoan/circle

※サークルは「掲示板」なので、コメントにより投稿が前後することがあります。順番についてはこちらをご参照ください。
サークル内タイトル一覧:https://note.com/kinugyokutoan/n/n8f5ddaad7fb5
現在、このタイトルはすべてサークル内に残しています。もともと、一カ月経過ごとに削除する予定でしたが、現時点(6月10日現在)ではそのままにしています。7月末まではこのままにしておく予定です。
今後、PDFにして、カテゴリ分けしてまとめようと思っています。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

2 件のコメント

  • こんにちは。
    この青龍型と白虎型の比較内容、天中殺の申酉と寅卯の両グループを思い浮かびました。
    申酉グループが青龍型、寅卯グループが白虎型と共通すると思うのですがバースディ
    喜多寺氏の東洋史観関係の書籍に申酉天中殺は欲望は攻撃的、手段は守りの二代目運、
    逆に寅卯天中殺は手段は攻撃的、欲望は守りの三代目運という解説が印象的でした。
    私は最初意味が分からなかったのですが最近は何となく理解できるようになりました。
    白虎型は誰かの指示で動くとの事ですが寅卯天中殺と重ねて考えてみると東方に当たる
    自我や自己を示す貫索星や石門星が中殺で西方の仕事や役目を意味する車騎星や牽牛星
    の方に向かう点を思うと納得です。八門法も天中殺と何らかの関連はあると思いました。

    • 紅虎さん、こんにちは。
      なるほど、そういう見方もあるかもですね。
      ただ、白虎型は「守る意識」などは多分皆無だと思います。
      と、私が白虎型だからそう思います笑

      もっとも、書いてくださっていぬとおり、算命学における「守備」と「攻撃」というのはときに反対の姿として現れるのでなんとも言い難いのですけれど、少なくとも白虎型は西方のエネルギーなので。
      「指示で動く」と書きましたが、「追い立てられる」というほうが適切ではないかな、と思いました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です