車騎牽牛が歪むとき

社会にでてある程度大人になるとか、
組織などである程度の年数働いていれば分かることですが、
誰かを否定する、
何かを否定する、
ということをもって自分の立場や在り方を表明する、ということがあります。

例えば、
「あの人の適当なやり方は許せない」
と表明することが、
自分は適当な人間ではなく、適当なことを許容しない人間だと宣言することと同義であったり、

「あの店の接客は耐えがたい」
と主張することが、
自分はもっときちんとした接客に足る人間であり、失礼な接客するような店は使わないと宣言することと同義であったりします。

こうした強い否定による表明、宣言は、攻撃的ではありますが、別の見方をすれば自分の立場や役割を明確にする面もあり、
星でいえば車騎星や牽牛星のある人の場合、
そういう否定や拒絶というのがその星を光らせることにつながるものでもあります。

よってそうした否定や拒絶、ときに攻撃として受け取られるそれらが円満な世界な平和な組織において歓迎されない場合においても、
一概に「悪いこと」だとするのは誤りだろうと思います。
‥なぜならそれが彼らの役目であり存在の意義だから。

但し、その否定や拒絶が軸を欠き、日和見主義的なものである場合は別の話。

例えば、
「あの人の適当なやり方が許せない」
と言ったその同じことを別の人なら許容するとか、
「あの店の接客は耐えがたい」
と言ったその店を、結局使うとか、
そういうことを何らかの合理的根拠なくしてしまうと途端に歪みます。

その拒絶や否定が恣意的なものと受け取られるようになり、単なる我儘、あるいは傲慢さとして周囲の理解を得られないものとなります。
そして彼らの役割や存在意義が揺らぎます。

もっとも、
そういう役目役割や存在意義に固執する在り方は人を遠ざける面もあり、
少しくらい緩んだほうが人間関係は円満になるということもいえるので、
見ようによってはそうやって緩んだほうが幸せであるという捉え方もあります。

但し、そうやって緩んでしまえば、
その本義である役目役割を果たす、ということは歪み、本来得られる正義や名誉は得られず非難されたり嫌われたりするかもしれませんし、
それによりその星を持つ本人は葛藤を抱えることになることもあるだろうと思いますが、
そのほうが大衆に近づく面はあるかもしれません。

いずれにしてもそう考えると、
名誉や正義というのは大衆的な円満さとは対極にあるということがよく分かります。

星でいえば、
車騎星、牽牛星を緩める、剋すのは鳳閣星、調舒星です。
鳳閣星のおおらかさや、調舒星の感性感覚(役割を前提とした場合の調舒星はある種の我儘となる)は、
車騎星の正義や牽牛星の名誉を剋します。

よって、
車騎星牽牛星を持つ人の星図に鳳閣星調舒星がある場合はもちろん、
車騎星牽牛星を持つ人に後天運で鳳閣星調舒星がめぐるとその在り方の緩み、歪みが生じます。
そしてそれは葛藤を伴うので感情的な爆発につながることもまたあります。

緩み歪んでも円満を目指すのも良いですが、
もし車騎星牽牛星の正義や役割をきちんと発揮していこうとするなら、
それをもって立場をパキッと明確にしていこうとするなら、
禄存星司禄星の力を借りてみる、ということを検討実践してみても良いだろうと思います。

このところ、
この火金の相克を持て余している方のご相談が続いたので書いておくことにしました。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

6 件のコメント

  • 初めまして。最近算命学を知り、学び始めたところです。今年からは鳳閣星大運となりますが、昨年までは調舒星大運でした(書き方が間違ってたらすみません)。また星図には、北と中心に車騎星があるので、この10年間、職場の人間関係から転職し、その先でも上司との関係に悩んだのは、こういう星回りだったのでしょうか。今年から鳳閣星大運となりますが、上記を見ると、鳳閣星も車騎星を緩める・剋す星ということなので、今後どのように過ごしていくのが良いのか、迷っています。ちなみに、記事の中にある、「禄存星司禄星の力を借りてみる」とは、どういったことなのでしょうか?

  • 頭と腹に車騎星中央に調舒星、左に貫索星右に司禄星のですが、どんな風に剋されいますか?

  • なるほど!
    車騎牽牛が有り、大運が今調舒、次鳳閣となってます。
    パキッとせず何となくモヤモヤするのですが、ボランティア的な事をすると精神が和らぎます。落ち着いて笑顔で過ごせます。
    火→土→金の流れだからですね(*´˘`*)

  • りんさん、コメントありがとうございます。
    車騎星に鳳閣星調舒星がめぐると葛藤が大きくなりがちですね。うまく世の中に受け入れられない感じもあったかもしれません。
    まだ若い方なら北の車騎星と大運の調舒星鳳閣星は目上との葛藤や軋轢として出てきたりしますし、自分自身(中央)の車騎星も体感として葛藤や軋轢を感じたかもしれません。

    これらは火剋金の相剋によるので、火生土、土生金の流れを使うとスムーズになるというお話です。
    例えば禄存星の愛情奉仕、司禄星の信用蓄積などがそれを緩和する生き方ということになります。

    私も車騎星2つありつつ調舒星鳳閣星の大運が20年近く巡っていました。もう少しで終わりますが、確かに大変でしたけれど、なんとなく鍛えられた感じもあります。
    応援しています!

  • S.Tさん、質問ありがとうございます。
    北と南が相剋、東西が相生ですね。
    車騎星が調舒星を剋し、貫索星は調舒星を生み、調舒星は司禄星を生んでいます。

  • のんちゃん、そうですね。
    私も車騎星2つあって調舒星大運が20代、鳳閣星大運が30代で、もうすぐ鳳閣星大運が終わりますが、最近ようやく流れを意識した生き方を少し高めた気がします。
    ブログもある種の禄存星的な行動の一つであったりします。
    で、私もだいぶ楽になりました。

    お互い流れを大事にしていきましょうね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です