位相法の使い方と新型コロナ騒動の後に笑う人

本日お越しになられた方にお話ししたのですが、
毎日の日干支をチェックして、
自分の命式との位相法を確認するのはけっこう有効です。

例えば、
大事な仕事は年支と半会や支合の日を選ぶ、
お金にしたい、結果を出したい仕事の場合は日干と半会や支合の日を選ぶなど。

私は日干支のチェックにiPhoneの「ポケット万年暦」というアプリを使っていますが、
アプリではなくても、「暦 カレンダー」などとぐぐるとネット上で簡単に日干支を調べることができます。

例えば、

甲丁戊
申巳辰

のような命式であれば、
○右下の辰が年支で仕事関係、
○真ん中下の巳が月支で自分自身(充実感)
○左下の申が日支でプライベートやお金、評価、
なので、

結果を出したい場合は、
日支である申と半会や支合になる日を選ぶと良いですよ、ということになります。
(参考に表を添付します、例によって上住節子先生の「算命占法下巻」によります)

逆に、冲とか害とか刑のときは、
多少大人しめに、あまり目立ったことをせずにやり過ごすほうが平和な気がします。

私は2018年のほぼ日手帳では、
毎日せっせと日々の位相法を書いては振り返り日記をつけるということをしていたのですが、
当時はあまりその位相法の影響を感じませんでした。

が、このところ、割とガッツリ位相法の影響を感じるようになって驚いたのですが、
それについて考えるに、
2018年当時は天中殺を意識してものすごく静かに控えめに動きなく過ごしていたので、
位相法の影響が出にくかったのではないかと感じています。

一方、最近は割と外向きな動きもし、知らない方にお目にかかる機会も増えてきて、
その結果として、位相法の影響がパキッと出ているのではないか?
ということです。

動きのあるところに位相法は顕在化する。
ということは、
ポジティブな位相法のときはガッツリ動き、
ネガティブな位相法のときは大人しめにしておく、
という処世術が成り立ちますね。

ちなみに動きといえば、
経済というのは動きのないところでは生まれない、といわれますが、算命学でも同様に考えます。

算命学で経済というのは禄存星に象徴され、
算命学における「動く」とは何かといえば、
禄存星の動きになります。

つまり、
お金や財を放出し、回転させること。

ただいま現在、新型コロナウイルスの影響で飲食店は開店休業、海外旅行はもちろん、不要不急の外出は控えられ、国民の動きは止まっているように見えます。
しかし一方で、名作漫画の無料開放や面白そうな講義の無料開放、コンサートの生中継の無料放映など、さまざまなものが「無料で放出」されています。

国民の生活は止まっているように見えて、
企業はこれをチャンスととらえて実は動いています。

このことを考えるに、世の中はこの騒動が収まれば、それまでとは異なる形での繁栄が拡がるのではないか?と感じていますがいかがでしょうか。

さらにいえば、
時代論的に今は大企業が元気になる時代なわけですが、そういう時代なので、国民ではなく企業が動く、企業だけが動けるので、企業が発展に向かいやすい、という言い方もできます。

その意味では、
今このタイミングで、何かしらをせっせと無料開放していく、何か動きを作っていける人たちが、その騒動ののちに笑う人なのかもしれないな、と考えます。

8 件のコメント

  • こんにちは。
    私も位相方について、カレンダーに気になった事は残す様にしてます。それと同時に合か散か見て納得してます。データーを取る事が後々プラスになるのと、説明する時の裏付けになる為に😊
    先日 庚子年 庚戌日
    以前の職場の仲間であり友達でもある方から新事業展開の話を頂き且つ扱う対象が車。
    私の年支と庚戌が干合支合。その友人の年支と私の日支は大半会。まさに出来過ぎた日ですが、日々の位相方も侮れないなと感嘆しました!

    この流れの中で後に笑う企業様は有ると私も思いました。まさに陰徳ですね。特に私が今後気になるのがコンビニのLAWSONです。時短で問題になったセブンと今回無償おにぎり配布、ホットミルクの半額等行ったLAWSON。はっきりと明暗が付きそうな気がしますね。

    • のんちゃん、こんばんは!
      位相法、日々意識しているといろいろ発見があって面白いですよね!そうやって腹落ちすると説明もしやすいですね。
      新規事業のお話は、読んでるだけの私もドキドキです!
      ぜひ次なる展開についても知りたいです。

      企業さまの陰徳、私もそう思います。
      ただいま現在だけ見ていては分からないことも、何ヶ月か、何年かした後で振り返ればパキッと何かが見えそうな気がします。
      素敵なご指摘、ありがとうございました😊

      • 奈々先生、おはようございます。
        余りにもタイムリーなブログだったので、私はドキドキしておりました♡
        私の日支、年支、彼の年支が卯・未・亥で木性会局。だから細くても今まで完全に来れる事が無かったんだと裏付け出来ました。
        また、事業の進捗ご報告させて下さいませm(_ _)m

        いつも、ありがとうございます‼️

        • のんちゃん、こんばんは!
          タイムリー、よかったです。
          そして木性会局、現実から精神性の世界に向かう相性を旦那様と共有できるとは羨ましいです。
          事業も健やかに発展すると良いですね!
          報告、楽しみにしてきます♩

  • 私は在宅で仕事をしています。この3月はまぁ順調に仕事をしていたのですが、
    ある日、朝寝坊から始まり、ネットサーフィンに異常に集中してしまい、仕事しなきゃと思いながら1日過ぎてしまいました。
    サボってしまった!と思いながら、就寝前にふと干支カレンダーを見てみたら、生日日干とこの日が納音になっていて驚きました。普段は月運も日運もチェックしていません。
    翌日からはまた順調に仕事ができました。

    納音について、気になっていることがもう一つあります。
    若い頃、当時はとっても頑張って生きているつもりだったのに、後になれば後悔ばかり、大切なはずの自分の道からも外れてしまっていたという、8年ほどの期間がありました。算命学を知ってからこの時期の大運が生日日干と納音であった(かつ大運天中殺)と気付きましたが・・・関係あるでしょうか?
    話が少しずれているかもしれません、ごめんなさい。

    • りえこさん、こんばんは!
      納音は折り返しでもあるので、一旦進みは止まりだたりしますね。ネットサーフィンで方向転換のきっかけを得ることもあるかもしれませんね。

      後悔ばかり、自分の道から外れていた、というその期間も、決して無駄ではないと私は思いますが、りえこさんがそのように思われるのにも恐らく理由があるのだろうと思います。
      おっしゃっている期間は大運の西方対冲と大運天中殺が重なっている期間だったということだと推察いたしますが、西方対冲は過去を清算して手放すタイミングでもあるので、そこで「あれはいらなかったな」というものに気付いて手放せたのだとすれば、まさに「過去を清算」できたわけで、うまく宿命を消化できたのではないでしょうか?
      また、大運天中殺は陽転すれば大きく飛躍できるタイミングですが、ある面では「宿命に逆らう」という側面もあるので、そこで大きく陽転すれば当然に反動もあります。
      その意味では、それがイマイチだったとすればこれからが楽しみともとれますね。
      応援しています。

      • 忙しい中、ありがとうございます!
        他の記事でのコメントでも、「辛いことや失敗も無駄ではない」と捉える話がよく出てきますね。自分は欲張りなためか、頭でそう思っても心はモヤモヤ納得してくれないのですが、無駄に自分を責めないことも、幸せに生きる上で大切だよねと思いました。そう思わせてくれたのは算命学が初めてでした。
        それに、本質から遠ざかった過去を悔いているからこそ、良くなりつつある幸せを心底感じられるのだと、最近になって強く思います。問題の大運は戊申で、私の日干支が戊寅という形でした。

        この10年に選べなかったこと辞めたこと失敗したこと、いろいろあり、どれが卒業にあたるのか未練があるならどうしたいか、見直しています。2月末の西方納音の記事を読み直し、自分にとって手放していいのは何なんだろう?と思っています。
        大運と年運だったり見当違いかもですが、課題の残る過去に向き合うために記事を参考にさせていただいています。

        金烏玉兎庵さんのコメントは、情報が詰まっていて、たくさん考えさせられます。今回も読んでから何日か、あれやこれやと考えました。龍龍玉と、水性の星が3つあるのに、考えても答えがブレて一つに思いきれない非効率です。こんな文を書くまでに何日も牛の反芻のようにグルグルしています。車騎牽牛もあるので、答えがまだでも現実世界で行動はでき、行動の方が答えに近づかせてくれるような面もあります。龍4つと腹に鳳閣の知人を見ていると、金性の星の働きがちょっと実感できるような。個人的には火性の星が羨ましいですが、やっと火性の大運が来るので頑張ろうと思います!

        (また、大運天中殺を逃していたことにも内心傷ついていたので、説明いただいて勇気付けられました。ありがとうございます!)
        長くなってしまいました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です