伴星 9つ目の星 ご先祖様からの申し送り

尊敬している女性がステキな絵をアップされていたのに感動したことをお伝えしたら、鎌倉から先生をお連れしてくださって自宅で絵の講座を開いてくださいました。
アートセラピーなので何を描いても先生は褒めてくださいましたが、多分私のはちょっと毛色の違うシロモノになってしまいました 笑

ちなみに、描いたのは陽占を意識した9つの窓から見える星の絵。たぶん、いわないと分かりません。

なお、陽占で出てくる星は基本的には8つで、右肩(向かって左側)は空白になっていますが、
ここには伴星というご先祖様からの申し送りの星が実はあります。

伴星は、命を受けてその生を全うするための指針となり支えとなる星であり、背負っている業を解消する方法もまたその星が示してくれているといわれます。
人によってはこの星が天職であったということもあるかもしれません。

伴星は、他の星と出し方が少し違います。
他の星は日干と他の天干・地支から出しますが、伴星は年干の干合相手を出し、日干と年干の干合相手との関係から出します。
分からない方は訊いてください(^ ^)

以下、それぞれの伴星の意味。
☆貫索星
人生の波が少なく、職業を変えることを好まない。すべてマイペースで生きようとする。しかし、会社や国家を守り抜くのがこの伴星を持つ人の人生のモチーフ。
誰か、又は何かを守ってこそ生涯の満足と運を得られる。

☆石門星
良い人間関係を築く才能がある。人脈と財産などの点で、運を上げるのも下げるのも周りの人の力。人への感謝を、忘れずに物事に対処していけば平穏無事。

☆鳳閣星
人生であれこれ楽しいことを見つけるのが上手。趣味や風流がやがて人を導くことになるのが、教養を高めたときの鳳閣星の姿。しかし教養を積む努力をしなければ、つまらない人生に。

☆調舒星
特別な感性と才能を授かっている。常識を超えた発想で人の気持ちを知ることができ、人の心を救済することによって自分の心を大きく変えていく。そしてそれが一生の支えになる。

☆禄存星
自分の行為が人に幸福感を味あわせることを知っている。それは他に真似のできないほど人の心をつかむ。見返りを考えない。本当のおおらかさを身に付けることが幸せの原点。

☆司禄星
心の中に不安を抱えるが、それが原動力となって家族を支える。一家一門を守ることができ、その守りの努力が人に安心感を与える。

☆車騎星
単独での行動によって、本質的な正義を達成する。単独で動けない環境に身を置かず、自己の想念の具現を遂行することによって自分も人も助けられることになる。

牽牛星
自己を誇り、それに恥じない在り方をこの世に顕現させ、世の人の手本として生きる。またその誇り高い生き方を教え導く。

☆龍高星
常に変化を求める。人生も日常生活も、絶えず流動的にあること。
いろんな豊富なアイディアや革新的な視点を持ち、それによって多くの人を啓発する。

☆玉堂星
正統派の学問、知恵、教えを学び継承する。その道の継承者を育てる。

f:id:kinugyokutoan:20181227232540j:image
Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です