新年に寄せて 己亥の年

昨年の10月の終わりにブログを開設し、皆さまに支えられ、約2ヶ月で多くの人にご覧いただけるブログに成長しました。ありがとうございます。

まだまだ理解も言葉も足りませんが、引き続きご支援いただけると幸いです。
さて、今年は干支を丁寧に読みながら過ごすことを課題とし、ほぼ日手帳に自分なりの分析を書きながら学ぶことにしています。
アタリハズレは多分当然にあると思いますが、予測と検証を重ねながら、学びを深めていければいいなと思います。
…ということで、年始、今年の干支について予測してみました。

 

今年は亥年です。
十二支の終わり、現実においては「新たな展開」に向けた準備の総仕上げの時期ともいえます。
六十干支でいえば、己亥の年。
己は陰の土性、亥は陰の水性です。
天干が地支を剋すので、上にいる人の方が下にいる人より強く、下にいる人は上の人からの試練を得て成長することに向きます。
また、己は大衆的な星、亥は伝統的な知性の星なので、
メジャーな政治家や著名人ではなく身近な人がスポットを得て活躍し、
また、高尚なことより現実に即したことがフォーカスされそうな印象です。

とはいえ、
亥という地支の下には甲と壬が隠れていて、
己と甲は干合(正確には隠れた干との干合は「暗合」といいます)して甲は戊に変わっていきます。
本当は甲、陽の木性で大木なのに、ハタから見ると、陽の土性で山に見えるようになります。
世の中や物事が「豹変したように感じる」、そんな時期。

干合は惹かれ合う性質があるので、年が進むに従って、大衆から出た人と知的な大物が手を取り合って、大物が大衆的な人気を得るということも、あるかとしれません。
暗合する干支は、そんな奇妙な状況が生まれる時期です。

政治や経済を含め、
「よく分からないなぁ」とか「なんだか変だな」
…と思う中でいろんなことが展開するようなことがあるのではないかと思います。

また、そんな気配の年なので、
「よく分からない人」や「表の顔と裏の顔がある人」にスポットが当たる年になりそうな気もします。
あるいは、その豹変、二面性という性質から、
最近はやりの副業・複業をする人たちが増え、それが定着する機運もありそう。
気になっている人は、少しチャレンジしてみるには良い時期ではないでしょうか。

なお、己亥は「暗合異常干支」といわれる干支の一つです。
中でも、この己亥と壬午、丁亥とともに三大霊感の強い干支、といわれ、特に己亥は身体的な霊感の強さがあります。
例えば、ヨガや禅のような身体から霊性にアプローチするものや、あるいは身体を使った豹変ということで、マジシャンなどが注目されたりするかも。

よって、「平和で一般的なふつう」の年にはならなそうです。
また、そんな生き方にも向かない年です。
己亥は「戦場の花嫁」ともいわれ、動乱期において素晴らしい役目を発揮する干支でもあり、
「平和で一般的なふつう」ではない中でうまくコトに処すことができます。
なので、何かコトが起こったときには、
自分の殻を破って「いつもと違う自分」として取り組んでみると、案外とうまくいく、そんな時期になるかもしれません。

 

皆さまにとって、素晴らしい年になりますように。

 

※個人の命式により、スタートに向くか結果を出すことに向くか、あるいは守りに徹するべきかはそれぞれですが、今年の全般的な様相について予測してみました。

 

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です