調舒星と鳳閣星の稼ぎ方

節操がなくて恐縮なのですが、
これだけこんこんと算命学について書いていながら、
西洋占星術もときどきチェックしています。

「星占い」というよりは、
惑星のアスペクトとか逆行とかのタイミングを確認して備える、
天気予報のようにして使っている感じです。

 

星占いといえば、
石井ゆかりさんの『筋トレ』とか、
しいたけさんの『しいたけ占い』が有名ですが、
もう少しマイナーながら本を出されている方などもけっこういます。

 

やはり占い分野も「西洋」のほうがなんとなくメジャーなのかもしれません。

 

その西洋の星占いの占い師さんたちの「稼ぎ方」を見ていてハタと気づいたのですが、

オリジナリティ満載な占い師さんはけっこう書籍や雑誌連載など、多くの人向けの媒体で活躍されてがっつり稼いでいる一方、

割と正確で論理的な占い師さんは、
本も出されているけれど、
セミナーとか会員向けのサービスでコツコツ稼いでいるように思います。

 

この週末、
内次元と外次元を取り上げてその流れをあれこれ書きましたが、
これを星で表すと、

調舒星(オリジナリティ、陰火)は、禄存星(たくさんの人を相手にした商売でがっつり稼ぐ、陽土)につながり、

鳳閣星(正確、論理的、陽火)は、司禄星(身近な人を相手にした商売でコツコツ稼ぐ、陰土)につながる、

ということになり、
見事にそのまんまだな、と、
西洋占星術から改めて算命学の奥深さを感じました。

 

こうしてみると、
もちろん自分の星を使う、光らせることは大事だしその方が効率的なのですが、
がっつり稼ぎたい場合は、
調舒星のオリジナリティを意識してみると良いかもしれません。

 

その星を持ってる人をオブザーバーに入れるとか、
その星が年運なり大運なりに巡っている人を使うとか、
やり方はいろいろあります。

 

既に調舒星を持っている人が担当している場合、
「もっとオリジナルに振り切る」
ことを目指すと良いのかも。

 

ストンと腹落ちしたので、
備忘のために書いておきます。

f:id:kinugyokutoan:20190610011201j:image

※写真はピカソの『肘掛け椅子で眠る女』です。

ガッツリ稼ぐには、これくらいのオリジナリティが必要なのかも。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

2 件のコメント

  • いつも楽しく拝見させて頂いてます。
    私は胸が調舒星です。
    励みになります。ありがとうございます。
    ぜひ、個人鑑定をしていただきたく思いますが、どのようにご依頼をすれば良いでしょうか?宜しくお願い致します。

    • 知恵さん、こんばんは。
      返信が遅くなりすみませんでした。
      胸の調舒星、いいですね!私は調舒星の繊細さ、美意識、そしてときに孤高の世界でその感性を研ぎ澄ませる感じが好きです。

      返信前にメールをいただき、恐縮です。
      引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です