引き寄せの法則と自己確立

昨日書いた「引き寄せには貫索星・石門星が大事なんじゃないか?」ということについて、

貫索星・石門星が星図にある OR 後天運にめぐっている必要があるのか?

…という質問がございましたのでそれについて書いておきます。

これは私の感覚ですが、
特に必要ないんじゃないかな?と思います。

あるに越したことはないですけれど、
そもそも、星がなくても人間、基本的に最低限の五行の性質は備えなければならないので、
その意味では、星の有無にかかわらず、
貫索星・石門星的な「エゴ」や「自分本位」の姿というのを採用すればよいのではないかな?と思っています。

とはいえ、
こうして書くと、実はけっこう難しいな、と思うのが、
本質的に「引き寄せ」にはエゴや自分本位の在り方というのはご法度だといわれている点で、
強すぎるエゴや自然の仕組みを無視した自分本位というのは、むしろ引き寄せには悪作用となるように思います。

よって、実際に貫索星や石門星があるような人は、
ある程度「達観する」「精神性を向上させる」
というステップを踏んだうえでなければ「引き寄せの達人」にはなれないかもしれません。

一方、貫索星・石門星がない場合は、
何かしら「自分とは」という存在の定義をしなければ、「引き寄せ」云々以前に、人生自体が稼働しないのではないかな?と思いますがどうでしょう。

押し出しの強すぎるエゴというのも問題ですが、
そもそもエゴがない、というのも問題で、
エゴがないことを、さも尊いことのように語られたりしますが、
「エゴがない」って、生きる方向も在りたい姿もまるでない、ということなので、
人生の迷子になるリスクを多分にはらむことになるように思います。

ちなみに、
貫索星・石門星がなくても「エゴが強い」ように見えるのは、偏りが強い命式の人です。

そういう人は、「自分はエゴが強い」と認識しているケースが多いのですけれど、
彼らをよくよく紐解くと、それは「エゴ」ではなく、「使命感」や「義務感」など、「自分で
はない何かのための必死さ」であることが多いように思います。

そういう人は、
「自分とは何か?」
「自分が向かいたい場所はどこか?」
「自分が欲しいのは何なのか?」
…ということを詳らかにすると(=自己確立すると)、人生のスピードが格段に増すはず。

別に人生スピードアップしなくていいですよ、という方もおられますが、
偏りが強くてエゴがないというのはけっこう危険なので、ある程度、自分の方向性を明確にしておくことをお勧めします。

そうでないと、迷子になるリスクが高まるような印象があります。

言ってみれば、
アクセルはあるけどハンドルがない車、みたいな感じになりそうな。

冒頭の、「引き寄せには貫索星・石門星が大事なんじゃないか?」ということについて、
貫索星・石門星が星図にある OR 後天運にめくっている必要があるのか?

…ということに話を戻せば、
貫索星・石門星というのは、自己確立の星であり、
「引き寄せ」には自己確立が必要なのだろうというのが私の考えです。

これはいってみれば、神様が供えてくれた「安全装置」の仕組みみたいなもので、
自己確立できていないような人が色んなものを引き寄せてしまったら、たいへんなことにもなりますよね。軌道修正も大変そうですし。

なので、「引き寄せ」というのは、自己確立できていないと実現しないんじゃないかな?
…と、思います。

ちなみに、貫索星・石門星があるからといって、自己確立が為されているとは限りません。
一方で、星図になくても28 元や大運で貫索星・石門星がめくればある程度自己確立されます。

大運でも巡らず、星図にもまったく貫索星・石門星がなければどうか?

そういう場合は、八門法の動きに応じた形で使えば「引き寄せ」が実現出来やすい感じがします。
例えば、白虎型なら「誰かのための引き寄せ」であれば実現しやすいのではないか、ということです。

⭐︎noteの7月一週目分を公開いたしました。
こちら:https://note.com/kinugyokutoan/m/m6c9aef262b21

⭐︎サークルは随時参加者を募集しています。
(読む専、匿名OKです)
https://note.com/kinugyokutoan/circle

⭐︎「引き寄せの法則」と合わせて知っておきたい「お金を稼ぐことー、の大切さ

こちら:https://note.com/kinugyokutoan/n/n2e009683213e

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

3 件のコメント

  • がっつりご教示いただきありがとうございました!
     陰陽五行を目的に沿ってバランス上で、「xx」したいなら「〇〇星」、と自分のかなえたい要素とつながる星の有無を意識していくことが役立つのではないか、という仮説なのですね。納得できます(って、あっていますかね???笑)。そうであれば漢方や鍼灸の治療の考え方と重なりますので、自分の石門的な経験を抜きにして、陰陽五行の論理的にアリだと思います。

     「引き寄せ」は文字通り引力が伴う現象なわけですが、貫索星・石門星のエゴ・自己中的な力も文字通り求心力の一種。自己確立は自分の中心点を定める行為でもあると考えれば、その中心点がしっかり定まっていればいるほど求心の力も強いのは、物理的学的にも筋が通っている気がします。コマだって軸が不動だと延々と綺麗な回転が続き、ちょっとぐらいぶつかってもびくともしませんが、軸がブレれば回転もイマイチ、ぶつかりでもすればあっという間に無様に転がって回りが止まりますものね。いわゆる悪妻の結婚やワンマン経営が意外に成功して長続きするのも、社会的評価や最終的結末がどうであれ、エゴで自己確立・引き寄せ力を発揮しているという意味では正しい在り方と思えてきます(遠い目)。

  • こんばんは。
    >貫索星・石門星がなくても「エゴが強い」ように見えるのは、偏りが強い命式の人です。
    あるいは私のように貫索星や石門星が(表に)表れなくても天禄星や天将星がある場合もですね。(笑)
    しかれども天禄星、天将星共に重い星のせいか、スピード感は求めてませんね。
    もう一つの身強の星、天南星があれば、スピードを求めてたかもしれませんが。
    >「引き寄せ」というのは、自己確立できていないと実現しないんじゃないかな?
    これについては全く同感ですね。でないと魅力を感じませんもの。

    • 紅虎さん、こんばんは。
      そうですね、確かに身強もエゴがしっかりありますね。
      身強という意味では、身強は「人を率いる」という役目があるので当然エゴなしには役目を果たせないだろうと思います。
      スピードといえば確かに天南星ですね。
      エゴを度外視すれば車騎や龍高、天報や天馳もスピード感がある感じはしますが、インパクトが少ないですね笑

      エゴを否定する風潮がありますけれど、やはり大事ですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です