天中殺と西方納音を超えて感じていること

天中殺が明ける立春を挟んでのここ2ヶ月くらい、天中殺中に出会った人や天中殺中に親しくなった人たちとの縁がすごい勢いで切れていっていて驚きます。

天中殺中に結婚すると5年以内、
長くても10年以内には離婚するといわれますが、
やはり、天中殺というのは迷いの気なので、友人なども普段なら親しくならない人と親しくなったりもし、天中殺が明けると潮が引くように縁が途切れていくものなのかもしれません。

特筆すべきは、面白いほどに未練なく、
むしろスッキリ感があること。

決してその期間がつまらなかったとかひどかったとかではなく、
むしろ楽しく充実してはいたのですが、
今振り返るとなんとなく夢の中で過ごしていたような、そしてその夢から覚めたような、
現実感のない束の間の楽しみを終えて明るい世界に戻ってきたような‥そんな印象です。

楽しく、新しい発見や知らなかった世界を覗き見して過ごした時間が過ぎて、
現実に戻ってきた感じといえば伝わるでしょうか。

天中殺中は夢の中のようなもの、などといわれますが、じっくりたっぷりその世界と丁寧に対峙したからか、今回初めてその意味が分かった気がします。

ちなみに、
このスッキリ感は何となく納音的(破壊の後のスッキリ感に似ています)だと思いつつ、
ハタと気付いたのですが、

これは西方納音の名残でもあるのかな?とも思いました。(立春まで西方納音の年でした)

西方納音に「名残」があるのか分かりませんが、
この1ヶ月くらいで縁が切れた感じの人というのはなんとなく「西方的」で、「納音が1ヶ月延長したみたいですよ!」と言われても驚かない気がします。

というのも、
その人たちは「西方」というほど親しくはないものの、
「自分が選ばなかった人生を歩んでいる人」
という点で自分の過去を表象しているような存在で、その意味で「西方」的な存在だと感じていたので。

西方納音の「過去」というのはそういう存在も含み、
西方納音の「破壊」というのはそういう存在から離別や卒業というのも含むのかも?
…と、思ったのですがいかがでしょうか。

私には、今に至る前に2度ほど大きな転機があります。
一度目の転機は25歳の頃、
二度目の転機は32歳の頃です。

選ばなかった人生を、後悔したことはこれまで一度もないですが、それでもときどき、
「選ばなかったあの道を選んだらどうだっただろう?」
と考えることがあったりもしたのですが、
何の機縁かその「選ばなかった人生」の二通りをそれぞれ選んでいる人たちに出会い、
その「選ばなかった人生」を何年か覗き見てきて思うのは、
私はその道を選ばなくて正解だったということ。
(彼らにとっては正解だったとしても)

それをなんとなく感じ始めたこの一ヶ月、
その両方と、それぞれ別のきっかけながら割とパキッと明確に、その縁が途切れていく感じがあり、
それと同時に、これは「選ばなかった過去」から卒業するタイミングに来たんだな、ということを感じています。

あの人生は選ばなくてよかったんだな、
と、腹落ちでき、もうそのことを手放してもいいのかな、というか。

「選ばなかった人生」というのは、ときに美化されて、心の重りになることがあります。

しかし、その人生(それも驚くほど条件や状況がそっくりな)を選んでいる人に出会い、
彼女たちと様々に語ったり寄り添ってみたりしたことで、
手放した人生というのを冷静に、美化することなく眺めることができ、
改めて「この人生で良かった」と納得できた気がします。

これは天中殺が明けたからというより、
納音の折り返しでそれを手放せたということなんだろうと思いました。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

6 件のコメント

  • いつも楽しみに読ませて頂いています。

    今回、コメントさせて頂いたのは、ひとつ思うところがあったからです。
    天中殺の結婚は続かないと断言されておりますが、それはどうでしょうか。私は、天中殺よりも前に、夫に出逢いましたが、結婚のタイミングは天中殺を避けられませんでした。しかし、誰にも反対されず今も幸せに生活しています。ただし、子供はおらず、それなりの渦がでるのも覚悟の上で生きていますが。
    世の中には、たまたまタイミングが天中殺に重なってしまったということもあると思い、コメントさせて頂きました。

    • パンチさん、気になったので先にコメントバックします。
      たいへん恐れ入りますが、算命学の教科書にはそのように書かれているので、そう「いわれている」と書いており、私は断言はしていません。
      日頃より、意識的に断言することは避けてきたので、そのようなご指摘は残念に感じます。

      また、算命学で説かれることと、世の中の一般大衆の方の感じ方は大きく異なることは往々にしてあります。
      たいへんに厳しい、直視できないような内容もあり、その意味では算命学は精神力が問われる学問でもあります。

      このブログは、そういう学問だと認識されている方に向けたブログ、「一般大衆」の方のためのブログではなく、算命学を学ぶためのブログ、高尾宗家の教えに忠実に添いつつ、それを考察することを中心に展開しているブログなので、とても「天中殺中に結婚しても大丈夫ですよ」というような無責任なことは書けません。

      算命学をある程度きちんと学んでいれば、天中殺婚で長く結婚を継続されている人がいるのは当然知っていますし、身近にもそういう方はおられ、子供が何人もいる方がいるのも承知しています。
      しかし、そういう本義と異なる現象には別の原理があり、別の要素が加わります。
      それはそれで別の機会に書くかもしれませんが、今回のような「天中殺の結婚」がテーマでもない内容について、算命学の基本ともいえることを引用的に書くときに、そういう例外的なことまで書く必要はないかな、と私は考えていました。

      とはいえ、ご覧くださる方が増え、算命学の基本すら「傷つく」お感じる方が多くなるのはある意味では仕方ないのかもしれませんね。
      その意味では、算命学を学ぶことを説くか、一般大衆の方へ配慮するかを天秤にかけなければならないわけですが、
      私は算命学を学ぶことを説きたいので、今後はご指摘を受けそうな内容は会費制の場所をつくって「算命学を学ぶ」ことに特化した内容をご了承された方限定の場所で書こうと思います。

      いろいろと迷いはあったのですが、パンチさんのおかげで決心がつきました。ありがとうございました。

      • ご丁寧にありがとうございます。
        人のものさしはそれぞれですね。自分勝手に申したものですから、ご不快な思いをおかけしました。
        申し訳ありませんでした。算命学は厳しい学問ですね。
        これからも楽しみにしていますね。

        • パンチさん、ありがとうございます。
          すみません、「断定的判断」は現に慎むよう意識しているのでナーバスになっていました。
          私の知り合いにも天中殺中に結婚した人がいますが、男女の子供にも恵まれています。
          ただ、お子様が宿命中殺であったり、継承運ではなかったりしていますが。
          それでも結婚以来40年連れ添っておられるので、必ずしも天中殺婚が5年10年の破綻につながるものではないことは承知しております。

          天中殺にしか結婚できない組み合わせというのも実は算命学にはあります。
          このあたりは一事をもって万事を語るべからず、といわれる通りであります。
          どうぞ引き続き、よろしくお願いいたします。

  • いつも金烏玉兎庵さんの記事を拝読しお勉強させていただいています。考えさせられることばかりです。
    私はとても葛藤の多い人生ですが、算命学を、その解釈を少しずつ知ることで俯瞰で自分をみることができて、楽に感じるのでありがたいです。
    過去の出来事を照らし合わせてみると宿命に沿っているのかなと思っていますが、中でも西方納音の経験は一番印象深いです。私の場合、選ばなかった人生の後悔を西方納音で感じ、その後悔を未だに手放させずにいます。
    できればいつか宿命をみていただきたいと思っているのですが、可能でしょうか。

    • Rさん、ありがとうございます。
      葛藤の多い人ほど算命学を深く学ばれるように思います。
      宿命も拝見いたしますが、何かしらの等価交換的な「お礼」をお願いしています。
      ブログのトップページ左下の「お問い合わせ」にあるアドレスにメールをくださいませ。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です