壮年期身弱星の「身強の人」の在り方

算命学では天南星、天禄星、天将星を一つでも持つ場合、「身強」といいます。

なので、例えば若年期や晩年期に身強の星があれば、壮年期に身弱の天馳星、天極星、天報星などがめぐっていたとしても「身強」ということになります。

実際、壮年期の星が身弱であっても、他のどこかに身強の星がある人は「押し出しが強い」とか「動じない感じ」とかがあって、確かに身強の雰囲気があるので間違ってはいないのですが、

最近思うに、他の位置に身強の星があったとしても、ただいま現在のタイミングに身弱の星が巡っているような人は、「身強的な在り方」で世の中を渡っていこうとすると、何かと苦しいことになるように感じるのですがいかがでしょうか。

先日、天報星について書いたとおり、私は壮年期に天報星がめぐっています。そして晩年期に天将星があるため、気分は身強でその身強の在り方でもって世の中と対峙していく傾向があります。

例えば、大きな組織で働く人たちの例に漏れず「リーダーの在り方」とか「人を動かす方法」などをその手の本をたくさん読んでやってみようと幾度となくチャレンジしてきたのですが、それを天将星的なアプローチでガッツリ上に立ってやろうとしてうまくいったことはありません。

一方で、先日天報星について

『天報星の本質とは、その急成長や変転変化のほうではなく、それらが「無意識・無自覚」になされること、エゴが皆無の状態にあってモノゴトが完全な形でなされていくこと…の方にあるのではないでしょうか。』

と書いたとおり、自分の思いや意図を棚に上げ、仕事としてやるべきことや組織としてあるべき姿に“受動的に”フォーカスしていると、ほとんどのことが穏便に進みたいていのことがうまくいくように思います。

もう少し具体例を挙げます。

例えば、明石家さんまさんは晩年期天将星、壮年期最身弱の人ですが、目の前のひな壇芸人やら素人さんやらを「面白い人」に仕立てる名人で、自分はどこか引っ込んだ感じがあります。

最近は見かけなくなったみのもんたさんも、晩年期天将星ですが壮年期は天胡星の人、そしてご年配のご婦人方を「お嬢さん」と読んでお茶の間の人気を博したように、自分ではなく他者をテコにしておられます。

俳優の大泉洋さんも、その俳優人生(北海道から東京に進出された経緯など)を眺めれば天将星らしさも感じますが、晩年期に天将星があるものの壮年期は天胡星で、自分が一人ヒーローになるというよりは、まわりのキャストを引き立てながら自分がじんわりメインを張ってる感じの俳優さんです。

いかがでしょうか。

「身強」に属しつつ壮年期に身弱の星を持つこういう人たちの在り方や活躍方法を眺めてみても、やはり「身強」といいつつ壮年期にその星を持っていない人は、その在り方においてあまり「身強らしさ」を前面に出してはうまくいかないのではないかな?と感じませんか。

まぁ、よくよく考えれば当たり前で、おそらくそんなことにはずっと昔に気づいていましたよ、という方もおられると思うのですが、

なんとなく「身強です!」ということで押し出し強く世の中に対峙して苦しんでいる壮年期以外に身強の星を持つ人もけっこうおられるように感じたので書いておきます。

私がそうでしたし、それを変えてラクになったなーと感じるので、それを伝えたかったというのもあります笑

ちなみに、みなし天将星の場合はどうか?

例えば鳳蘭局などはどうかといえば、その偏りを徹底して顕現させているタイミングにおいて身強らしさを出していけばうまくいくのだと思いますが、日和ってバランスを目指しているときなどはそういう押し出しの強さは控えておいた方が良さそうな印象です。

写真は先日大阪からお越しくださった方の命式を拝見したときにお礼と一緒にいただいたカード✨

ありがとうございました♩

Posted from SLPRO X for iPhone.

11 件のコメント

  • はじめまして、毎日更新されるのを楽しみにしているものです。算命学に興味を持って独学で通信で勉強していますが、本当に難しいです。

    その算命学に興味を持ったきっかけが正に今日のブログのテーマでした。私は壮年期(現在)に天馳星があり、晩年に天将星なんですが。困りごとが起きた時、いつも根拠なく勇気が湧いてきて強気で物事をすすめてしまいます。一昨年から昨年は自分の愚かさでそれをやり周囲から物凄いバッシングを受けて、謙虚になるフリをするところから始めてとても苦しみました。今日のテーマ本当に勉強になります。これからも楽しみにしております。

  • こんばんは!
    身強の三星のうち押しの強さが目立つのは天南星かなって思いますね。
    天禄星は一歩ひいて見ますし天将星もただの威張りん坊では裸の王様で
    バカにされ誰も相手にしてくれない感じがします。その代わり我慢強さ、
    忍耐力は天将星が一際強い感じがし、どんな苦境も乗り越える強靭さは
    天禄星よりも上ではないかと思います。正に「おしん」タイプであり、
    そんな天将星のタフネスぶりに周囲の人間は恐れおののくのではないかと。

    また、他人の痛みを理解しない天将星持ちの人は、真の底力を発揮できず
    天将星持ちで世に名を轟かしてる成功者は、その事を知ってるのではないか、
    と思います。

  • 私は、壮年期(今)に天将星がありますが、どのように上手く出せるのかわかりません。自然にそうなっていくのでしょうか?意識したら逆に焦ってしまいます。

  • 千代子さん、ご覧いただきありがとうございます。
    壮年期天馳星、晩年期天将星もなかなかバランスが大変ですよね。
    しっかり休息をとりながら、晩年期に備えてくださいませ。

    星通りの在り方であればすんなり調和できますが、異なっているとまわりからは不自然に見えるみたいです。
    なので、それを意識しておくだけでだいぶ良い気がします。

  • 紅虎さん
    確かに天南星が一番わかりやすいですが、天将星は静かで動じない押しの強さ、天禄星は裏と表があり裏での押しの強さがあるように感じますがどうでしょう?

    陰転陽転はありますが、それとは別に時期の一致不一致も大事だなぁと思います。
    というか、時期が不一致だと陰転しやすいかもしれないな、と感じたりも。検証します!

  • おはようございます。
    >天将星は静かで動じない押しの強さ、天禄星は裏と表があり裏での押しの強さがある・・・。
    私は逆に捉えてました。天禄星が静かな押しの強さ、天将星が裏表ありかなっと。
    まあ天禄星は外柔内剛、天将星は清濁併せ呑む面があり天南星よりは静かな感じなので
    金烏さんの言わんとする事も理解できます。いずれにしても、この二つの星は天南星より
    押しが強いと思います。動物占いではライオンと虎ですからね。(笑) 
    私自身この二つ持ってるので押しの強さ、頑固で我がままなの、自覚しています。

  • 小夜子さん、コメントありがとうございます。
    天将星、使い方が難しいですよね。「自然にそうなる」わけではないと思います。それは天将星を陽転させられる人がごくわずかと言われることからも推察できます。

    天将星は偏るエネルギーです。
    中庸はありません。徹底的に何かを究めること、それが引力となって人を引き寄せ人の上に立っていくのが役割です。
    まずは、何か本気で取り組めることを見つけ集中して取り組んでみてはいかがでしょうか?

  • 紅虎さん天将星は徹底的に偏るエネルギーなので、裏表はないかな?と感じています。
    一方で、天禄星は同僚の地位を前に理性で自分をコントロールしているので、表と裏、というか上手に身を処すのかな?という印象です。
    天南星は割と表面において強いですが、やはり年の功というか天禄天将のほうが強いですね笑

  • ありがとうございました。
    50代は結構体力的にも大変なので、知恵で専門職を貫いていこうと思います。

  • 私は若年期に天将、壮年期に天極、晩年期に天馳があり、興味深く読ませて頂きました。
    いわゆる「中年期の落ち込み」が長く続き、苦しんでいる最中ですが、何とかならないかなと試行錯誤中です。

    数ある算命学のブログでも、知性が滲み出ていて、センス良い雰囲気が好きです。
    毎回楽しみなので(^ー^)無理のない範囲で、これからも更新を続けて頂きたいです。

  • みうさん、コメントありがとうございます!
    そして、知性とセンス、嬉しいです。ありがとうございます😊

    中年期の落ち込みは5年、10年と続くこともありますが、そこから逃げずにきちんと向き合い学ぶことを学べば飛躍につながります。
    目を瞑ることなく向き合っていれば、そのうちハッと何かに気付いて道が開けてくることもあるように思います。
    応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です