孤独的な星

庶民性の星があると、「みんなと仲良く」ができますが、
それがないと「みんなと仲良く」を志向しないので、一人の世界に閉じこもり、
学びとか芸術とか創造とか実現とか名誉とか…を追求します。
結果として、それは「孤独」であり、その「孤独」こそが、学びや芸術、創造、実現、名誉の質を高めます。

なので、調舒星、牽牛星、車騎星、龍高星、玉堂星がある場合、
「みんなと仲良く」ではなく「孤高の世界」を形成しなければ、星が光らなかったりします。

「みんなと仲良く」している限り、
伸びない星、というのが、孤独的な星、なわけですが、
それがいわゆる「孤独な生活」を意味するかといえばそうではなく、
「みんなと仲良く」を志向せずにいることで、本質的な得難い人に出会えることにつながったりもします。

なので「孤独」であることは、プロセスであり手段であって、結果ではない、という点を覚えておくことは大事だと思います。

「みんなと仲良く」する役割の人もいれば、
「孤高に自分の道を掘り下げる」役割の人もいる。

ちなみに、
孤独的な星を多く持つ場合、若いうちに「一人遊び」をたくさんさせておくと良いし、
庶民性の星を多く持つ場合は、チームで何かをするスポーツなど、「団体での遊び」をたくさん経験しておくと良いといわれます。
大人になって「みんなで成し遂げる」何かにおいて大切な役割を果たす人物に成長します。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

2 件のコメント

  • いつも楽しみに拝見させて頂いてます。
    「孤独の星」と「単独の星」ばかり所有している私は、改めてその役割を知る事が出来ました。
    時に、周囲とは違うことに不安もありましたが、年齢を重ねるうちに、「孤独」のおかげで自分が「自由」であり、その役割に合った仕事が出来ている事に気付きました。新たに気持ちを上げて頑張れそうです。ありがとうございました。

  • のんたくさん、こんにちは!
    昔の投稿をご覧くださってありがとうございます😊

    自分の星図にあることを素直にまっとうするのが一番なんだろうと最近よく思います。
    そこに「役目役割」が書かれているものなので、星図をよく知り好きになることって大事ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です