宿命と環境の一致と運命の稼働

宿命と環境の一致について何度か書きましたが、改めてそのことについて書いておきます。

宿命と環境が一致していると、努力しなくてもどんどん運が向上します。
言い換えれば、いろんなことがスムーズに運び、そこに満足感があります。

一方で、宿命と環境が一致していないと、どんなに努力しても空回りします。
世間的には良いことがあったとしても、そこに満足感はありません。
よって、運を改良しようと考える場合、
資格を取るとか良い人になるとか、
いい会社に入るとかお金持ちになるとか、
それはそれで、目標を達成できるかもしれませんが、満足感があるかといえば別の話。
それによって運が良くなることはありません。

運が良くなるとは、
ゴルフでいえばフェアウェイを歩むようなもの。
スルスルと進み、そこには喜びがあります。

そのためにどうすればいいかといえば、
宿命と環境を一致させるほかありません。
その一致させるのに手っ取り早いのが天中殺や陰占の位相法との一致です。
(陽占の人体星図は陰占という「本質」から出てくる「対外的な顔」なので、陰占に一致させる方が、よ。本質的です。

例えば天中殺であれば、
午未天中殺であれば、目下や子供よりも目上や親を大事にする。
子丑天中殺であれば、親から離れて自分の家系をつくる。
戊亥天中殺であれば、養子に行くか、そうでなくても家系から離れる。
辰巳天中殺であれば、家系を離れて自分の分家を作る。
申酉天中殺であれば、自分の家庭に縛られずに活躍の道を行き、それでいて家系を継承する。
寅卯天中殺であれば、守るべきものを守り家系を継承する。

これを読んだ方の中には、
「そんな親不孝は出来ません」
と、思う方がいると思うのですが、
運の世界というのは、道徳の世界とは別世界です。
運の改良云々はさておいても、その天中殺で生まれた限りにおいては、もともと各々の対象の場所に欠けを持っているものなので、自分から積極的にこれらと一致させるアクションを起こさなくても、
自分が自分らしく生き生きと活躍する先においては、
自然とそのようにモノゴトが流れていくものでもあります。

ちなみに、
天中殺の欠けが消化できていない場合、
陰占も陽占も、半分くらいしか当たらない気がします。
印象ですけれど。
当たらない=宿命を消化していない
ということであって、本質的に運命が稼働していないということでもあります。
なので、自分の命式を見つめ、それをこよなく愛して、大切にその宿命を生きて運命を稼働させることが大事です。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です