陰占に沿った環境

陰占は無意識の世界を現します。
無意識に、その示す世界に向かいやすく、またその環境にあって光りやすいといわれます。

例えば、
甲は大木の側にあって安心し、
乙は花を愛し、
丙は太陽の燦々と輝く中で過ごすことを好み、
丁はネオンの中で美しさが増します。
戊は山の厳かな気に調和し、
己は人のたくさんいる街で活きます。
庚は鋼の強さが本質で、
辛は宝石の美しさと繊細さを尊び、
壬は広大な海の側で癒され、
癸は雨が小川になる様子に同調します。

住む場所や生活、旅行先として意識してみると良いそう。

私は、己と丁と乙が天干にあるのですが、
割と人の多い場所で、
街の灯りの多いところに住んでいます。
お花はあまり意識していませんでしたが、
先日頂いたお花が部屋にあることにとても心地よさを感じた今朝。
少しずつ開いていく花の様子に不思議な安心感を感じました。

陰占に沿った環境はとても心地よいです。

生活に、きちんと取り入れようと思います。

f:id:kinugyokutoan:20190114232137j:image
Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です