座標を生きる 陽転する調和的な生き方

空に浮かび巡り行く惑星は、
法則通り規則正しく巡り寸分の狂いなく在って、
その存在感はそれぞれに個性的。
軌道や温度に変化があっても、それを飲み込んで宇宙に調和的にあります。

人の存在も、おそらくそういう個性的なもの。
生まれたときの気の座標が個性であり、その座標を知ることでその個性を知ることができます。

年の気、月の気、日の気が交わる場所であるその座標は陰陽五行で構成されており、
複数の座標との関係は、
調和的なもの、
促進的なもの、
刺激的なもの、
波乱的なもの、
破壊的なもの、など様々にあります。

座標は場所によって、
ルートが明確なものと、
ルートの遊びが大きなものがあったり、
ルートの出発点を構成していたり、
ルートの中継ぎを構成していたり、
ルートの終着点を構成していたりもします。

そうした座標の個性を丁寧に研ぎ澄ませるように生きることは、
ある種の芸術のように美しく尊いものだな、と、ふとそんなことを考えました。

華道とか茶道とか書道というのも、
枠組みとルールの中で表現され、
その枠組みとルールの中にあって美しく、
そうした延長戦にある個性の発現が芸術。

生きるということも、
芸術の域に達するには、
枠組みや法則に則って在ることが必要なんだろうと思います。
言い換えれば、陰陽五行の座標を生きるということ。

どんな環境においても、
一人の個として在る強さを持ち、
他人に巻き込まれずに、
それでいて調和的に生きるというのは、
矛盾するようですが、その矛盾の中に極をもって生きるということかな、と思います。

算命学では、
「こうあると平和に生きていける人です」
と言われるものがあります。
例えば、
若年期には若年の星、壮年期には身強の星、晩年期には精神性の星がまわると平和な感じです。
しかし、
その通りの人はほとんどいません。
皆どこかしらに矛盾を抱えており、その矛盾こそが個性でもあります。

矛盾ある座標を生きるということは、
試練やハードルがあるわけですが、
その試練やハードルによって個を磨き、矛盾を昇華する生き方が、陽転する生き方といえる気がします。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です