「自分の道」に振り切って生きる

私の仲良しな人が少し前に部長昇格されました。

 

上司に媚びるタイプの人ではなく、
昇格のために躍起になることもなく、
それよりも、
自分が素晴らしいと思う人やすごいと思うものを大切にし、
私心に歪むことなくまっすぐで、
多くの人とフラットな人間関係を築き、
そこからまわりの人たちの魅力を引き出し、様々なものを生み出していく。

 

彼の同僚が、
「あの人が部長になるとは思わなかったけど、あの人を部長にする組織は捨てたもんじゃない」
というようなことを言っていて、
また別の共通の友人は、
「部長になったって知らなかった!」
と言っていたりもして、

この人は自分の目指すことの先に昇格した稀有な人で、
それを自分から自慢したり誇ったりしない、真に尊い人なんだな、
と思ったりしました。

 

この人のそばにいると、
人生で本当に大切なものは何か?
ということを見誤らない感じがあります。

 

戦後日本の社会では、
幸せは物やお金銭をどれだけ持っているか、
どんなステータスにあるか、といったことで
計られる時代でしたが、

戦後から70年以上を経過した今の時代、
お金やモノ、ステータスではなく、
(品位を保つなどの意味である程度は必要であるにせよ)
真の幸福は目に見えないものであり、
出来るだけ自分のやりたいことをやり、
本当にやりたくないと思うことはやらずに、
誰かできる、やりたい人に任せ、
自分の道、やりたいことをやって生きていくことが大事だなぁと思います。

※一部ワタナベ薫さんのオフィシャルブログより引用
https://ameblo.jp/wjproducts1/entry-12494486861.html

 

目指さなくても、
結果として得られるお金やモノ、ステータスというのがあり、
目指すと歪む感じもあります。

 

先日、私にしては珍しく、
「この人は抑えておかなければなのでお誘いする」ということをしたときに、
「それは歪むからダメ」
と指摘を受けました。

 

自分の道に振り切ってとんがっているつもりでしたが、まだまだだな、と反省しました。

 

振り切ってとんがり続けるのは勇気と忍耐力がいります。
しかし、振り切ってとんがり続けていると、とてもコアなところで共鳴できる人に出会えたりもします。

そんな未来が見てみたいので、まっすぐに、しっかり精進していこうと思います。

 

私にとってはその道標が算命学であり、

そういう「自分の道」を目指す仲間が増えるといいな、という思いもあります。

f:id:kinugyokutoan:20190716121301j:image

 

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です