チュートリアル徳井さん、財の星のない人 ※追記あり

7年間で13800万円の申告漏れ。
税務署は、稼いでいるのに税金逃れをしている人は泳がせておいて重加算税までガッツリ取り立てるといいますがなるほど。

 

今回、フジテレビがスクープしたのはフジでのレギュラーがなかったかららしいですが、
徳井さんが消えて喜ぶ人、
徳井さんに消えて欲しい人、
というのがけっこういて、そこからのリーク、後押しがあったんじゃないかな?という気もします。

 

芸能界にこの人を庇う人がいないらしいですが、この人は徳を積んでいなかったことが伝わってくるようです。

 

ちなみに徳井さんは昨年が西方対冲だったので、そこで貯めてきたお金がガッツリやられました。

この問題は彼にとっては昨年のことだったのだろうと思います。

 

また、
3旬目の司禄星大運はともかく、
4旬目の禄存星大運では社会貢献や利益還元的な動きをしておくべきだったように思います。
何も還元せずにきたので最後(禄存星大運は昨年まででした)でドカンと強制的に取り立てられる(=社会に還元)することになったのではないでしょうか。

 

28元を含め、財の星が全くない人が、
こずるいことをしてまで財に拘ってはいけません。

なお、今年来年と半会が続きます。

大運でも東が大半会。

半会は異次元融合なので、今までとは異なる世界とのつながりが開く時期。

芸能界以外の世界での活躍にシフトされるのではないかな?と思います。

半会はプラスの意味に取られることが多いですが、既に地位も立場も確立された方の場合、そこから下方シフトするような世界の広がりになることもあります。

徳井さんの場合はどうなるのか、注視したいと思います。

 

※追記

ADHDとの指摘説について

そういうことにするとスムーズ、ということなんだと思いますが、この人は狡い人で、かつ世の中をなめていたんだと思います。

剋されない石門2個で狡さ、また星図の位置的に甘えが見て取れます。

本来、目上や社会というのは厳しいもので、それを克服していくのがあるべき姿(相剋ならそれがその厳しさを越えていく質が身につく)なのですが、この人はいずれも相生のあたり、礼儀やルールに無頓着で、きちんとしている人からは嫌われる感じもあります。

 

②ズボラ説について

調舒星のような細かくて神経質な星もあり、
龍高星の知恵もある人なので、確信犯だと思います。

加藤浩次さんの、

法人税もそうだし、申告漏れの部分と経費の部分。経費の部分で自分の洋服とか旅行とかも使っていた。所得隠しに当たる部分ですよね」と徳井がプライベートの出費を経費として計上していた事を指摘。謝罪会見で自身の事を「ルーズ」だと話していた事に触れ「ここもルーズだったら、そんなもの(領収書を)出すなよって思う」

というこの指摘がとても適切。

こちらより:https://hochi.news/amp/articles/20191028-OHT1T50096.html

f:id:kinugyokutoan:20191028132744j:image f:id:kinugyokutoan:20191028132748j:image
Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です