生き方のこと

自己に与えられた弱点を消化しないで人生を歩むことは、広い視野に立つ場合、真の大成は有り得ない。
このような生き方を偏生という。

これを防ぐためには、自然の気と自分の干支が相克あるいは一致点のない本能世界を人生の出発点とすべきで、若い時代、肉体の活動が盛んな時期に、一日も早く自己の欠点を消化して、その後に相生の世界へ進むべきなのです。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です