霞が関ビルの年表階段

霞が関ビルの年表階段。
1580年から2008年まで。
1580年に何があったか調べてみると、織田方秀吉軍の播磨平定がありました。
しかし、年表には出てきませんが、
それより何よりその前年に徳川家康が妻子の殺害を命じられてこれを実行したことにより、この年大運を得たことのほうが意義深い気がします。
徳川家康の快進撃は、恐らくそこから始まりました。
この年表は徳川300年の歴史年表であるように感じられます。

正室、嫡男を手にかけるという大きな非業は算命学的にいえばその後の大きな開運につながっています。
松下幸之助の飛躍の影には家族兄弟すべてを失ったことがあるように、人の運命、家系の家運は樹であり、枝を落とすことによって伸びるもの。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です