(備忘)観念的な話 火性と水性

ちょっと観念的な話をします。

火性は新しいものや未来、
水性は古いものや過去を示したりもします。
火性は伝達・表現の本能で、
水性は習得・知識の本能です。
火性は南で、水性は北。
モノゴト(精神)は、南から北へと動きます。

一つのものを、
過去から見れば知識であり、
未来から見れば表現といえますね。

誰かが表現したものが、時を経て、誰かの知識になっていく。
その「誰か」とは、もしかすると両方とも「自分」かもしれません。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です