「試練」とは

「糠に釘」という言葉があります。
「暖簾に腕押し」という言葉も同じような意味です。

「試練カモーン!」
と、景気良く言っている人に限って、
こういう「糠に釘」とか「暖簾に腕押し」のような人というのが多くいます。

こういう人たちは、
例えば起業して、何も考えずに「数撃てば当たる」的にガムシャラに頑張って大金持ちになったりもしますが、
無駄に労力ばかり多くて益がないという結果に至ったりもします。
組織では、まわりからは「片腹痛い」と思われたりしますが、正直な性質であればうまく使ってくれる上司と出会うことで道が拓けることもありそうです。

よって、「糠に釘」も「暖簾に腕押し」も、
ダメなわけではありません。

しかし、
「試練」というものに、
もう少し真摯に向き合うことができれば、
もう少し建設的な人間関係を築き、
もう少し価値ある役割を果たすことができるのではないか?
と、感じさせることも多くあるように思います。

例えば貫索星と車騎星というのは、
並びによってはそういう傾向があります。

美しい貫索星というのは、
まわりおさめつつも、守るべきものはしっかり守るものですが、
悪くすると、頑固にまわりを蹴散らしながら守り抜く感じになります。

美しい車騎星というのは、
世の中の人たちが尊ぶ正義を掲げ、先陣を切ってより良い世界を作っていくものですが、
悪くすると、「自分(だけ)の正義」を掲げてまわりとガチンコの喧嘩を繰り返す感じになります。

どちらも共通するのは、
「自分が環境に生きている」
という視点が欠けている点です。

環境とのコミュニケーションを取らないために、「自分」しか見えなくなります。
まわりの人にも言い分や気持ちがあるということが欠けているために、
何事も一人称でしか物事を捉えず、考えない、ということになります。

「試練」というのは、
環境において様々な人や出来事と自分の関係を捉え直すことであって、
それによって自分と環境の距離や位置を修正するためのものです。

「試練カモーン!」
と言っている人の多くは、
自分しか見ていないので、
そもそも試練のなんたるか、
試練の活かし方を正しく認識していないような印象があります。

そういう人も、
それはそれで存在価値も役割もあるので、
ダメなわけではないですが、
もう少し視野を広げてみると、
より建設的で充実した世の中との関わり方ができるのではないかな、と思いました。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です