Apple Watch を買って良かったこと3つと大運の変化

Apple Watchと共に過ごす生活がはじまって一カ月くらいが経ちました。

よく「Apple Watchは使った人にしか分からない、使わないと永遠に分からない」などといわれますが、
それでも敢えて、私はその「使ったことがない人にApple Watchを分かってもらう」ことに挑戦してみたくなったので、現時点での自分の感想というのを書いておこうと思います。

ちなみに、Apple商品についてアフィリエイトなどがあるのかどうかは知りませんが、そういうのはやっていないので、純粋な感想としてご覧いただければと思います。

いろいろありますが、今日は「Apple Watchを買って良かったこと3つ」を書きます。

①スマホ(iPhone本体)を見ることから解放される
私は元々スマホ中毒か?というくらいスマホを見る・使う生活をしていました。
見るのは、ニュースやFacebook、メールくらいですが、ブログやnoteへの投稿もほとんどスマホでやっているので、
一度スマホを持ったら、30分くらい何かしらやっている(ニュースを見る、株価を見る、Facebookを見るなど)、みたいな生活をしていました。

けれど、Apple Watchを身に着けるようになって以来、
スマホを見るということが激減、もちろん、必要なニュースのチェックや作業はスマホを使いますが、
例えば、メールやMessengerなどによる連絡や電話など、速やかに回答が必要なものはApple Watchに通知がくるので、「なんとなくスマホを触る」ということがなくなりました。
おかげで、時間を有効に使えるようになったように思います。

あと、「スマホを見ない時間」というのは、「自分が空っぽになる時間」を後押ししてくれるようで、
例えば、ジョギング中など、いろんなことに気づけるようにもなった感じもありますね。

②大事な予定を忘れない
これは、きちんと手帳なりスケジューラなりでスケジュールを管理できているような人にはまったく響かない話だと思うのですが、
時計もスケジュール管理用の手帳も使っていないような人の場合(私です)、予定を入れておけば自動的に時計が教えてくれる、というのは本当にありがたく、
おかげで、いろんな予約や約束を忘れることがなくなりました。

忘れることがないので、多少過密なスケジュールも入れても対応できるようになった感じもあり、
密度の高い生活になってきたな、とも思います。

ちなみに、補足すると、
私は鳳閣星大運に入って以来、腕時計を使うことをやめ、約束は「覚えてなければ縁がないということ」みたいな哲学で生きていたので(すみません)、
約10年ぶりに時計とスケジュール管理のある生活、それもわざわざ自分で見に行かなくても「勝手に通知してくれる」存在(Apple Watchのこと)がいる生活というのは、
本当に素晴らしく、まるで「秘書が自分の生活管理をサポートしてくれている」みたいに感じられます。

③運動する気になる、運動に集中できる
Apple Watchには「アクティビティ」というアプリが入っているのですが、このアプリで測定される「活動量」を時計の文字盤で見ることができるのです。
つまり、自分がどれだけ動いたか、動いていないか、その現実を、Apple Watchを見るたびに突きつけられるので、
全然動いていないような日は、「動かねば!」という気になるというわけです。
(…このあたりは、白虎型だけに、そうやって突きつけられる現実に寄って運動に駆り立てられる、という面もあります笑)

さらにいえば、「ワークアウト」というアプリも入っていて、
ちょっとしたジョギングやウォーキング、筋トレなども、秒単位で記録することができるので、
自分の運動量を漏れなく記録することができる=自分の運動量を可視化できます。

元々、コツコツ何かをやる、継続する、ということが好きなので、こんなふうにきちんと漏れなく記録されていくのは、自分にとって心地よく、
無理なくコツコツ継続することへのモチベーションにもなっているように思います。

なお、これをスマホでやろうとすると、「スマホに触ったが最後、30分くらい余計なことをする」という沼にはまるのですが、
Apple Watchだと、そういう沼にはまることもないのでその意味でも良いです。

以上3つが、私にとってApple Watchを買って良かったこと3つでした。

以下余談ですが、
なんとなく、Apple Watchとともにある生活に入って、
いよいよ「鳳閣星大運を終えて、司禄星大運に向かうカウントダウン」が始まったな、と感じています。

のんびりおおらかに過ごしてきた鳳閣星大運。
がっつり仕事の星を剋されて、左遷されたりもしましたが、気分としてはゆるやかに自然体の生活を楽しんだ期間でした。

それが少しずつ、
まじめに、堅実に、コツコツ継続・蓄積し、急がず慌てず弛みなく過ごす司禄星の大運に向けて、環境整備が始まったような。
几帳面に時間を管理しつつ、無理なくしっかり物事を積み重ねていくことに向かい始めたような。

そういう気配というか、気分というか、自分の心地よいと感じるものが変化しつつあることを、
このApple Watchとの生活の中で、くっきりと感じつつある最近です。

大運のテーマというのは、意識していると面白いほどにくっきりその変化を感じることができます。
その気分に正直に、それまでの流れに拘ることなく実際に行動の変化を作っていくと、面白いように新たな流れに気持ちも行動も乗せていくことができます。
その意味でも、Apple Watchを買って良かったな、と思います。

ちなみに、今回の大運の変わり目は、算命学を学び始めて初めての接運です。
なので、こうした変化も丁寧に観察していこうと思います。

⭐︎2020年10月五週目のマガジンを公開しました📚
https://note.com/kinugyokutoan/m/m85c213976078
※画像の花火は丸子橋のところで先日花火の試し打ちがあったときのものです。
季節外れの花火ですが、キレイでした。

⭐︎2020年10月四週目分のマガジン📚
https://note.com/kinugyokutoan/m/m2fc52b5222a8

⭐︎サークルへのご加入はこちら 読む専も歓迎です
https://note.com/kinugyokutoan/circle

⭐︎たくさんご覧いただいているマガジン
https://note.com/kinugyokutoan/m/m9bf267619763

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です