西洋の「幸福学」に物申す

先日、久しぶりに会った友人が、
「幸福学っていかにも西洋的だよね。」
と言っていて、なるほど、と思いました。

 

なんていうか、
西洋における物づくりが問屋制手工業から工場制手工業、そして工場制機械工業に向かったのに似て、
人間の幸福を個々のものから幸福の統一概念を定め、その概念を万人に当てはめていこうとする感じが確かにとても西洋的。

 

ちなみに、
幸福学では「幸せの4因子」なるものが存在するそうです。

以下引用
…..
1つ目が、「自己実現と成長」の因子。夢や目標ややりがいをもち、それらを実現しようと成長していくことが幸せをもたらします。

2つ目が「つながりと感謝」の因子で、人を喜ばせること、愛情に満ちた関係、親切な行為などが幸せを呼びます。

3つ目は、「前向きと楽観」の因子。自己肯定感が高く、いつも楽しく笑顔でいられることは、やはり幸せなのです。

4つ目に、「独立とマイペース」という因子があります。他人と比較せずに自分らしくやっていける人は、そうでない人よりも幸福です。
…..

算命学の陽占の星に置き換えれば、
1つ目は車騎牽牛(実現)、龍高玉堂(成長)
2つ目は禄存司禄(愛情感謝)と石門(つながり)
3つ目は鳳閣(前向き楽観)
4つ目は貫索(マイペース)

孤独を好む調舒星はどこにも入らないんじゃないかという気もしますが、あえて入れるなら4つ目あたりでしょうか。

※幸せの4因子の説明はこちらから引用
https://www.recruit-ms.co.jp/research/2030/opinion/detail29.html

 

ちなみに、東洋思想をベースにしている算命学では、その星を持たない人はその星に対応する幸せを得てもそれほど幸せや満足感を感じることはないといわれます。

 

例えば、
禄存司禄を持たない人は、
人を喜ばせることとか愛情に満ちた行為にそれほど価値を置かない傾向にありますし、
貫索石門を持たない人は、
人とのつながりや人間関係にそれほど興味は向きません。
司禄星は楽観ではなく不安をベースにした価値観を持ってこその星ですし、
牽牛星は「自分らしく」より「権威名誉」とか「立場役割としての在り方」のほうが人生における優先順位は高かったりします。

 

なお、私の場合、木性や土性を持たず、金性が強いので、
積極的に「友人」を求めていくことはあまりなく、役割や尊敬をベースにした関係が結果として「友人」になることが多くなりがちですし、
その関係も、「愛情」とか「和気藹々」より、「役割をきちんと果たす」とか「何か実現したいことのため」という関係になる傾向にあります。

 

私にとっては、
それが幸せであり自然な感じ。

 

西洋の「幸福論」という画一的な見方というのも、たくさんの人を対象にする場合は便利なものかもしれませんが、
個々人の個別具体的な「自分の幸福」というのはまた別である、ということを認識しておくことは大事なように思います。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

4 件のコメント

  • こんばんは!
    >貫索石門を持たない人は、人とのつながりや人間関係にそれほど興味向きません。
    私は友人運の薄い寅卯天中殺でもあるせいか、確かに人間関係には淡白な面ありきですね。
    普通は十二運星に天禄星と天将星があれば貫索星か石門星、少なくともどちらか一つ現れるんですが、私の場合、貫索星も石門星も現れず、代わりに禄存星と調舒星が現れ、なおかつ貫索星や石門星を剋す車騎星と牽牛星が共にあるんですよね。
    なのか、周囲からよく変わってると言われました。(笑)
    沖縄も私と同じ生年月日なので日本からみた沖縄もそんな存在なのかなって思いました。(笑)

  • 赤獅紅虎さん
    車騎調舒の三大寄星があると「変わってる」といわれがちですね。
    しかし沖縄と同じということは、帰星は玉堂星なので割と大人の落ち着きがあるのではないかと思いますがいかがでしょうか。
    あと、貫索石門は28元では出ますね。
    積極的に意識的に光らせれば使えるといわれますがどうでしょう?
    私は貫索はまったくないですが、28元に石門、あと初旬も石門なので、きっかけや意識的な取り組みにより使えるのかな?とは思うものの、
    今のところ、「チーム」とか「仲間」をそれほど必要としてはいない感じです笑

  • 返信ありがとうございます。
    >帰星は玉堂星
    どうでしょうね。落ち着きに関しては天禄星と天将星の余裕から来てると思ったんですが、
    >貫索石門は28元では出ますね。
    積極的に意識的に光らせれば使えるといわれますがどうでしょう?
    石門星はともかく貫索星は中心星禄存星の天敵ですし、忌神ですからね(笑)。
    金烏玉兎さんは子丑天中殺でしたっけ?
    子丑天中殺か戌亥天中殺なら確かに仲間やチームは必要ないかもしれませんが。

  • 紅虎さん
    確かに天禄星も落ち着きありますね。
    なんとなく、天将星は落ち着きというか、近寄り難さに連なるイメージです。身弱の人から見た場合、ということですが。
    貫索星は確かに禄存星とは相剋ですが、調舒星をお持ちなので、貫索星を活かすことで貫索星→調舒星→禄存星の内次元が成立しますし、
    貫索星は玉堂星に支えられて玉堂星→貫索星→調舒星の内次元も成立するので、使うと人生や物の見え方に厚みが出る気がします。
    私は戊亥天中殺なんです。
    なので、つるむだけの友達は別にいらない感じです笑
    ちなみに、最近の友人を見ていると、東方の人は割と距離がある一方、西方的な友人(基本的に自分の味方、みたいな)は、普通に仲良くしています。
    このあたりは東方が欠ける年運天中殺の影響もある気がします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です