生まれた命の座標

脳科学者の角田忠信氏が発表された「脳の年輪システム」という研究は、
周波数で年齢が特定できるというもの。誕生日を機に反応する周波数も変わるので、
誕生日も特定することができそうです。

算命学では、人は生年月日、会社は設立年月日、国は憲法施行年月日‥と、年月日がとても重要な意味を持ちます。
いってみれば、宇宙空間に生まれた命の座標が生年月日。
その座標における天体の配置やら五行の盛衰やらは、そのまま本人の宿命や才能、その後の環境を示した縮図です。

そのことを思いつつ角田さんの研究を読んでいて、「天にあることは地にある」という格言は、決してモノの例えや机上の理論ではないのではないか?
と、思いました。
実は、目の前にある現実の中に、全ての秘密が隠れているのかも?とか。

読み解く技術さえあれば、
この世は完璧な調和の元にあり、
理路整然と過去も未来もその意味も読み知ることができるのではないかな、
と、そんなことを考えています。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です