一気格

「一気格」というのがあります。
文字通り、命式を構成する気の種類が一つしかないような場合です。
全部、金質ならとてもプライドが高くて遂行力が極めて高いとか、
全部、水質ならとても知的で頭が良いとかの意味になります。
小泉純一郎元首相は金質の一気格(完全格)です。

ちなみに、星図の場合、5つの十大主星が同じ場合は鳳蘭局、陰陽あるけど同じ質なら準鳳蘭局といいます。

東洋思想の基本には「中庸を尊ぶ」というのがあって、バランスよく五行の質を持っていたほうが良いのですが、
「全部同じ」のように振り切ってしまうと、それはそれでものすごいパワーを持ちます。
完全格を持つ人というのは、器が大きく、非常に強い運勢の人ともいわれます。

鳳蘭局、準鳳蘭局は天将星のようなパワーを持ちますし、従星で3つ全部天馳星の方も同じく天将星のパワーを持つと言われます。

そんなことを考えつつ、
「同じことを続ける習慣」の持つパワーについて考えていました。
些細なことでも、同じことを繰り返し繰り返し続けていると、それもまたパワーを持ちます。
例えばイチローが毎朝カレーを食べることも運を下支えしていましたし、
(もうやめたみたいですが)
スティーブ・ジョブズが毎日黒い服を着続けることもまた、安定をもたらしました。
会社員などでも、同じ時間に毎日出社する人というのは、日によってバラバラの時間に出社する人より運の基盤ができます。

バランスではなく基盤を強化することで安定を目指すアプローチ、といえます。

何かに偏るなら徹底的に。
いろんな面でヒントになりそうな気がします。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。