仁義礼智信の螺旋

仁義礼智信、というのは儒教で説かれる五常といわれる五つの徳のことです。

五行の配当では、
仁が木性、礼が火性、信が土性、義が金性、智が水性です。
星でいえば、
仁が貫索星と石門星で守備本能、
礼が鳳閣星と調舒星で表現本能、
信が禄存星と司禄星で引力本能、
義が車騎星と牽牛星で攻撃本能、
智が龍高星と玉堂星で習得本能、となります。

人間は、生きる上でこれらの五本能すべてを必要として、すべての本能を発揮することによって成長します。
もともと持っている星は、その才能を発揮しやすいということであって、
持たない星の本能も、生きる上では必要で、多かれ少なかれ利用し発揮しながら生きています。

五徳を少しずつレベルアップさせながら、
螺旋のように成長していく、
それが人生です。

五徳のなかで、最も発揮するのが難しいとされているのが「信」の引力本能、
信頼と愛とお金の星、禄存星と、蓄積と家庭の星、司禄星です。
他の4つの本能を習得して初めて本質的に光らせることができると言われます。
確かに、信頼と愛、お金、蓄積と家庭って、最も尊いものかも‥。
そもそもですが、土性はもともと中心を占めています。

これらの星を持つ持たないに関わらず、
引力本能の星を光らせることができると少しレベルアップします。
言い方を変えれば、世界が一つ開ける、あるいは次元が一つ上がります。
付き合う人が変わる、とも言えます。

すごい命式を持っている普通の人と、
普通の命式を持っているすごい人の違いはそこにあります。

五徳の螺旋をたくさん登っているひとは、
普通の命式でも、すごいひとがいます。
普通の命式でも、螺旋をたくさん登るような環境(多くの場合、さまざまな艱難辛苦の環境)を経ることですごい人になっていたりするわけです。

同じ命式でも、
違う人生になりうる、
それは、どのような環境を生きるかで人生が変わるという意味でもあり、
また環境次第でどのような命式でも光らせることができるという意味でもあります。

前に、拝見した命式の8割が宿命中殺をお持ちの方で4人が虚居型の人だったことを書きましたが、
このところ立て続けにお声掛けを頂いて拝見していたら、9割が宿命中殺所有者、うち8人が虚居型という集計になりました、ただいま現在。
なお、宿命中殺保有者は2割くらい、虚居型は滅多にいないと教科書には書いてあったんですが‥。

と、それ以上に驚くのは、
その宿命中殺を保有されている方も、虚居型の方も、人並み以上に活躍されている方だということ。
ぐぐって出てくる宿命中殺の風情とは大きく異なります。
おそらくたくさんの五徳の螺旋を登って来られたんだろうと思います。

生年月日以外にの情報は頂いていないのですが、その人生に想いを馳せる夜です。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です