来年、己亥の年

来年は亥年です。
このところ私は「引きこもり学習期間」ですが、
亥年というのは十二支の最後、
種が芽吹いて茂り、実をつけ熟して落ちて、枯れて種に戻る、その種の年です。
亥は木をつけると「核」になります。
とても大きなエネルギーの種が育まれる年。

六十干支でいえば、己亥の年。
己は人の住む優しく柔らかく楽しい土地。
なので、そんな土地に埋もれた種をイメージ。
たくさんの人が集まるなか、
目に見えないところで大きなエネルギーが凝縮されていく年ともいえます。

その意味では、
世の中全体的に「学びの時期」どあるとまいえます。
そもそも亥は水性、知恵の支ですし。

亥年の人や、さらにいえば己亥を命式に持つ人は、とても気分良く過ごせる時期です。
なぜなら、世の中が亥年の空気になり、さらにいえば己亥の気が充満するので、
いつもより、世の中が自分を応援しているように感じられたり、仲間が増えたように感じる時期です。

「己」には規律を正す、という意味もあるので、世の中の規律を正す種を蒔く時期、という読み方もできます。

前回の己亥の年は1959年。
テレビ局の開局が大々的に進んだ時期、たくさんの人に向けて思想教育の種が蒔かれました。
美智子皇后が皇室に入られたのもこの年。
天皇の国民に対する在り方の範を作ってこられた今上天皇ですが、その種が蒔かれた年です。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です