干合支合の関係の人って素晴らしい

干合支合という、結婚に向く相性というのがあります。
これについて、最近、ふと気付いたのですが、
コト男性に限ると、
それが恋愛関係かどうかは別にして、
人生に大きな影響を与えてくれたり、
仕事を発展的にサポートしてれたり、
新しい世界を見せてくれた人というのは、
私の場合、すべて日干支が干合支合の関係にある人でした。

干合は結婚相性と言われがちですが、そうでなくても気があう相手、
支合は自然と現実面で結果が出やすい相手です。
干合支合というのはその両方、
気が合って一緒にいると、現実面でもいろいろと結果が出たり前進したりする相手。
ものすごく相性がよく、実利のある相手でもあります。
60干支のうち、干合の関係になる干支は6つ。
そのうち支合の関係になる干支は一つなので、60分の1の相性といえば、そのすごさが伝わるでしょうか。

干合支合の一人目は、
前職で転職したばかりのときに指導役だった先輩。
その方とは本当によく飲みにいったり遊びにいったりしましたが、
仕事面でも懇切丁寧にご指導いただき、おかげで未経験の法人営業で100人くらいいた部署のトップ3に入るくらいの成績を上げられるまでになりました。

干合支合の二人目は、
転職して左遷された時期に、仕事以外の世界を大きく広げてくれた人。
あまり興味のなかった分野を見せていただき、自分の人生を考え直すきっかけをいただきました。
またそれに付随して仕事以外の人間関係が大きく広がり、そこに意義ある交友関係を築くことができたのはその人のおかげです。

干合支合の三人目は、
学びのエキスパート。
仕事以外の世界に対峙したときに、まず改めて学び直したいと思ったときに、その学び方、学ぶ姿勢を示してくださった方です。
先日、初めてサシでお話する機会があったのですが、
生き方がカッコよく、組織に縛られない中で魅力的な人に囲まれて生きる素晴らしさを見せてくれています。

干合は引き合うことによって干が変化するもので、そうした変化を通して人間的に成長できる関係です。
干支上の婚姻の関係ともいわれ、
結婚の相性が良い組み合わせとしてよく挙げられますが、
必ずしも結婚や恋愛ではなくても、
干合支合の関係というのはとても有意義なものなのだと、自分を振り返ってみて思いました。

ちなみに、
己と庚は干合しても変化しないため、
あまり成長につながらないようなことを前に書きましたが、撤回しておきます。
私は日干が己ですが、
振り返れば、彼らに出会ったことで、私は大きく成長できたと思うし、それに付随する現実的な結果も得たし、今なお得つつあります。

それにしても、
あまり意識していませんでしたが、
調べてみると私の人生には既に3人の干合支合の人が登場していました。
すべて、人生における重要人物です。
そう考えると、
人生に大きな影響を与える人というのは、命式からある程度分かるということなのだろうと思います。

とはいえ、
私は彼らに出会ったときにそれと知っていたわけではなく、
なぜか自然と親しくなり、
様々に教えをいただいたり世界を広げていただくようになったもの。
むしろ、
自分が魅力的だと思う気持ちに正直でいる先に、こうした成長につながる出会いや関係があるというほうが正確な気がします。

自分の正直な気持ちの先にこうした関係性があるということは、
宿命から逸れていないことの証左でもあるようで、ちょっと嬉しく思いました。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です