車騎星の正義とケンカ

「喧嘩はダメですよ」
と一般的には言われます。
私は親にそう言って育てられました。

 

会社などでも、
「争い事は避けましょう」
と、やっぱり言われます。

 

でも、
車騎星があるひとは、
そこに正義や大義名分があるなら、
ガツンと喧嘩したほうがいいんじゃないかと思います。

 

喧嘩はダメ、不満もダメ、といわれても、
車騎星のある人は、
正義に悖る出来事には耐えがたい性質があります。

 

世の中、
それは違うんじゃないかな?とか、
それは間違ってると思うな、とか、
ありますが、
車騎星のある人は、
そういうことに敏感です。

 

なぜ敏感かといえば、
それを正す役割を、
車騎星のある人は担っているからです。

 

もちろん、
喧嘩とか、間違いの指摘とか、
場合によっては立場を危うくすることもあるかもしれません。

 

でも、
多分、車騎星のある人は、
そこで戦う役目があるんじゃないかな?
と、最近思います。

 

ここ半年くらいのことですが、
私はセクハラを我慢しなくなりました。
世の中の流れで、
そうした我慢をしなくて良さそうな風潮がある、そのおかげです。

 

仕事上のおかしなことも、
騒ぎ立てないように注意しながらですが、
(そこは私の成長したところ)
言うべきことは静かに、でもガツンと言うようになりました。

それで困ったことになったかどうか、
正直今のところよくわかりませんが、
まぁとりあえず、
まだ困ったことにはなっていません。

 

私の正義を、
できる限り「組織の正義」と言えるように、
自分なりに考えているというのも、
もしかすると奏功しているのかもしれません。
まぁ、何事も時間がたたないと分からないこともあるので、
なんとも言えませんが。

 

ありがたいことに、
今私の周りにいてくれる人は、
私が正義のために戦うことを抑えようとはしない人たちです。

 

私が自分の正義を表明するために、
様々に戦うこと、
その延長で人と距離をどんどん取っていることを、
否定したり非難したり、しない人たちです。

 

そういう環境にあって思うのですが、
車騎星のある人は、
ある程度戦った方が良いように思います。
責任は取れませんが、
様々に振り返ってそう思います。

 

車騎星の消化方法って、
スポーツで勝負するとか、
営業で競争するとか書いてあるんですが、
根本的には「正義のために戦うこと」がその本分です。

 

なので、
喧嘩を推奨するわけではないですが、
「自分の正義」
を、標榜できなくなった車騎星は、
陰転する気がします。

 

車騎星は、
『上手な喧嘩の方法と、
喧嘩をする相手の選抜方法を身につけた上で』
という枕詞はつきますが、
しっかり喧嘩をした方が良いと思っています。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です