司禄星の話

司禄星という星があります。
整理整頓が上手で家庭的、そしてコツコツ貯金ができる。
そんな家庭的な星です。
コツコツと長い間、少しずつ少しずつ、着実に積み重ねていくので、
歩みとしては遅いですが、壮年期以降、その着実さが信頼を得て安定的に活躍できる星でもあります。とても堅実です。

和をもって尊しとする日本人的な気風の人、という言い方もできます。
そして、算命学の中で最も尊いとされている星でもあります。

良し悪しを断じない算命学において「最も尊い」といえるのはなぜかといえば、
それが中庸の星だから。
最も中庸。
「最も」と「中庸」が同居する表現は少しへんてりんな感じですが。

とはいえ、他の星とのバランスによって現れ方はいろいろで、
うちの弟は司禄星の人で、子供の頃から整理整頓が上手。
しかし破財局に入っているので、よく衝動買いをしています(本人が衝動買いと認識しているかは別にして)。
ただ、局は通関支などを利用して緩和できたりするので、
やはり「星」が大事です。

ちなみに、家庭をとても大事にする質なので結婚に向きます。
明確な特徴がないのですが、それこそが最大の特徴で、気づかないうちに居心地の良い場所を整えてくれている、
それが欠けたときにその偉大さを感じる、
そんな星です。

Photo by 五玄土 ORIENTO on Unsplash

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です